今日もみなさんのTOEICのスコアがますます上がるように有益なフレーズをご紹介します。

早速今日のクローズアップフレーズは、TOEICのpart4に役立つフレーズなんですけども、いってみましょう。

“soak in a hot bath”
(熱いお風呂につかる)

先ず文頭の ”soak” ですけれどもこれで「浸る、つかる」という意味になります。
で、後半の ”hot bath” はいいと思うんですけども「熱いお風呂」っていう意味になるので、
これで「熱いお風呂につかる」っていう意味になります。

それではこれを使って応用していみましょう。
今日の応用文は

“It is really nice to soak in a hot bath in winter.”
(冬に熱いお風呂に入るのは本当に最高だ)

最後の ”in winter” ていうやつが日本語では「ウィンター」とう冬という意味なんですけども、ネイティブが言うと殆ど

「ウィナー」

っていうふうに聞こえます。なのでこれが聞こえないとちょっと分からないですね。

日本語でカタカナで「ウィンター」と思ってて、そこに「ウィナー」ってくると、

何だ?ウィンナーか?

みたいな感じになるんですけども、「冬」っていう意味です。

それも併せて日本語とちょっと聞こえ方違うよというのを押さえていただければと思います。

本当に冬に暖かいお風呂に入るとすごく気持ちいので、その時の手先とかじわじわっとする感じを思い出しながら、今日のクローズアップフレーズ、応用文を覚えると結構覚えられると思います。

それでは以上です。