仕事やプライベートで英語でを話す人を励ましたいと思う機会は突然来ます。

その時に辞書を調べることもできず、さっと言ってあげないといけません。

なぜなら相手はすごくへこんでいるからです。

なので、もしもの時に備えて今からしっかりと覚えましょう。

 

1.You must be tired. 「あなたはきっと疲れてるでしょうね。」

2.You must be shocked. 「あなたはショックでしょうね。」

3.If you need any help, contact me! 「もし何か助けが必要だったら、連絡して。」

4.I’m here if you need me. 「私はここにいるよ、もしあなたが必要だったら。」

5.Are you alright? 「大丈夫ですか?」

 

shutterstock_379643950

 

次は比較的短めのねぎらいフレーズをご紹介します。

これは単に言うだけではなく

本当に心配しているというのを声色に乗せて言うのがポイントです。

特に7番目のフレーズは

普通に言うのと心配そうに言うのでは全然違うの出来をつけてましょう。

 

6.Please be careful! 「どうか気をつけてね。」

7.How are you doing? 「どうしてますか?」

8.Is everything okay? 「すべて順調ですか?」

9.Take care of yourself! 「気を付けてね。」

10..Can I get you anything? 「何かあなたに持ってきましょうか?」


 

shutterstock_289596209-1

 

次は結構相手がへこんでいるときに言うべきフレーズをお届けします。

こちらはやや中級者以上です。

覚えてみてください。

11.I'm sorry to hear that. 「それを聞いてとても悲しいよ。」

12.That sounds rough. 「それはとても大変だったね。」

13.Would you like some assistance? 「何か助けをしましょうか?」

14.That sounds very upsetting. 「それはとても動揺させることだね。」

15.I can understand your frustration. 「あなたのイライラ・失望感分かるよ。」

 

shutterstock_213319537

 

引き続き、相手のつらい気持ちに同意してあげるフレーズをお届します。

これらのフレーズの最後に18番を入れるとまた面白いかなと思います。

相手の顔色を見ながら適切なものを選んでいただければと思いますが

これに関しては特にお作法などはなく

相手を大事にして慰めてあげようという気持ちに従って

状況に合わせて選べばまったく問題ありませんので、その時に備えて覚えましょう。

16.I will help any way that I can. 「私にできることならとにかく助けるよ。」

17.That sounds difficult. 「それは難しいよね。」

18.If you need to talk, i'm here for you. 「もしあなたが話したくなったら私はここにいるよ。」

19.I know exactly what you mean. 「あなたの言う意味すごく分かるよ。」

20.I know exactly how you feel. 「あなたの気持ちすごく分かるよ。」