Yuki:今日は昔の知り合いと久しぶりに会った時、仕事でもプライベートでもいいですが、そういう時に使えるフレーズに着いてCameronさんといろいろ話をしたいと思います。

 なぜこういうことをやるかというと、例えば仕事とかで日本人が英語を覚えなければ、っていうと、プレゼンを一生懸命やらなきゃとか、レポートを書かなきゃってことに意識がいっていて、その前後の雑談とかがちょっと苦手なんですよね。日本人のビジネスパーソンは。

 で、私も外資(の会社)にいたときに会議は進むんだけれど、前後の雑談がゼロなんですよね。

 そうじゃなかったですか?ぜんぜんしゃべらない。

Cameron:ぼくはいつも、日本の団体(ビジネスの相手)に、「天気の話をしましょう」とか、「家族はどうですか?」とか”How have you been lately?”とか、”What’s new?”とか”What’s up?”とか”What have you been up to?”とかを使った方がアイスブレイクにもなるし、楽しいし。

Y:そうなんです。そういうのが全然ない、というか、基本的に頭にないんですよ、それが。

 その手前のプレゼンのことでいっぱいいっぱいだから、その前後の会話を楽しもうとか、アイスブレイクして、関係性を強めようという意識までいっていないから、自然には出てこない。

 それを自然にすることが大事だと思うので、このコーナーを作っています。

 ということで、最初に、一番初級から行こうと思います。で、最初に

 「最近どう?」って聞きたい。Cameronさんなら何て聞きます?久しぶりに会ったネイティブの同僚とかに。

C:”Oh,good see you. How have you been lately?”

 あとは・・・

 ”What have you been up to?”

Y:”What have you been up to?” あぁ、難しい。「最近どう?」

C:もちろん”What”/” have”/” you”/” been”/” up “/”to?” (区切って発音する)とは言わないんだけれど。聞くと(Cameronさんの発音をよく聞いてください。)くずしてしまうね。

Y:ナチュラルスピードで2回づつ言っていいですか?

 それ、皆さん耳で覚えてしまった方がいいと思います。

C:”How have you been lately?” (2回)

 ”What have you been up to?” (2回)

 口を使わないとね。(大きく動かす)

 ”What’s new?”も使えますね。

Y:そうするとどんな答えが返ってくるんですか?

C:”Oh, pretty good. Work is busy.”

Y:”I’ve been fine.”

C:”Yeah, I’ve been fine. What have you been up to? Just work crazy busy.”

Y:あぁ、じゃぁ、そんなに難しく考える必要ないですね。

C:本当に軽い話。軽い答えが返ってくるね。

Y:なるほど。ああ、そうなんだ。「元気?」「あぁ、そうなんだ。」「忙しいな~」ってやって、そうしたら次はCameronさんならどんな話しますか?

C:僕は天気の話も好きだし、家族の話も聞くとかね。

Y:家族だったら何て聞きますか?

C:例えば、”How’s your family?”

Y:そんな簡単に聞けるんですか!

C:”How’s your wife and kids?” 子供がいるとわかっていれば。

 本当は”How are your wife and children?”と言うんだけれど。文法的にはこちらが正しいけれど、崩してしまうから”How’s your wife and kids?” 

 ”How’s” が “How is”。でも実際は”How are”が正しいけれど。

Y:確かに。私も”How is your wife and kids?”で覚えている。

C:そうでしょ?”How’s”になっちゃうね。

Y:全然(文法のことは)考えてなかった。

C:そういう感じで、”How have you been lately?” 、”What have you been up to?” ・・・(を使う)

Y:久しぶりに会ったら、まずはこの2つで何か話してみるといい感じですよね。

C:”How’s work?”とかね。

 軽く言うと、軽く話が返ってくるから、そんなに真剣に考えなくていいです。

Y:これは同じ会社内はもちろんOKだし、プライベートの友人もOKだし、会社の取引先の人もOK?

C:だいたい2-3回目の時はOKです。大丈夫です!

Y:何度あっても取引先の人へは日本人は敬語で話すじゃないですか。

 英語の場合はないので、

C:friendly!!

Y:今日のやつは誰にでも使えるので、そんな感じで覚えちゃってください。

 今日は以上です。