こんな経験ありませんか?お会計をお願いしたのに、ビールが出て来ました

海外旅行でレストランやバーに行って飲み終わり、
“Bill, please(お会計お願いします)”と言った所
もう一杯ビールが出て来た・・・・。

これは日本人旅行客が良く経験する、笑えない話です。

他にもバナナシェークを頼んだのにバニラシェークが出てきたり、
フェリーポート(フェリー乗り場)に行く様にタクシー運転手に頼んだら
ヘリポートに連れて行かれたり。

そんな悲しいことが沢山起こっています。

通じないだけならいいのですが、
こんな簡単な英語なのに、Nativeには全く通じず
心が折れたり自信喪失してしまいます


こう言うエピソードを教えてくれた人の中には、
長年英会話スクールに通っていたり
半年から1年、英語圏に留学していた人もいました。


他方私は、ほぼ独学で勉強したにも関わらず
Nativeの人たちに「どこに留学してその流暢な英語を身につけたのですか?」
と聞かれます。

この違いは一体何なのでしょうか?

6年以上勉強して、海外で水すら頼めない

日本は総じて学力も高い国ですし、英語は最低6−10年勉強します。
にもかかわらず、殆どの日本人が簡単な英語すらも
通じないのはなぜなのでしょうか?

ここであるエピソードをご紹介したいと思います。

英語が通じないのは日本人だけじゃなかった!

私がまだ20代だった頃、あるお知り合いの
お仕事の手伝いで香港に行きました。

香港のセレブ達に招待されたが、仕事以外の会話もあるので
英語をヘルプして欲しいとのことでした。
ワクワクしながら飛行機に乗ったのは言うまでもありません!


香港で私たちを迎えてくれたのは、本当にリッチな方々で
普通の旅行だったら絶対に行くことが出来ない場所に、
沢山連れて行ってもらえました。

ある日、そのセレブが「知り合いで若手の精鋭がいるから連れて来たよ」と言い、ある青年を紹介してくれました。
その青年はとても身なりも良くて物腰も洗練されています。
なんと、香港に沢山レストランを持つ一族の跡取り息子とのこと。

「もしかしたら、凄い人と出会ってしまったかもしれない・・・」と
ドキドキしながら会話を始めると・・・


な、何を言っているかさっぱり分からない・・・・・


沢山話してくれているのですが、本当に何を言っているのかさっぱりなのです。
その青年の名刺を見ると、あるロンドンの大学でMBA(経営修士号)を取得しているとのこと。

ますます謎が深まりました。

何とか頑張って聞き出した話によると、
この青年は英語の読み書きは完璧に出来るものの、
ロンドンでの生活に馴染めず、殆ど部屋に引きこもっていたそうです。

つまり、単語もフレーズも文法も完璧だけど、
話す練習をしていない = 発音が悪い から何を言っているかさっぱり分からなかったのです。

発音はスポーツです、筋トレです

ロンドンでMBAを取っても、英語の発音を身につけなければ意味が無い。
その事実を知って、私はなおさら発音研究にのめり込みました。

片っ端から発音に関連した本や動画等を見ました。
しかし、どれも説明が難しくてすっと理解出来ないのです。
良く、口の動きを細かく解説している本や教材がありますが、
説明が難し過ぎてついて行けません。


しかしある時気がつきました。

Nativeの口の動きを真似すればいいのでは・・・?
なぜなら、自分で鏡を見ながらある発音をしてみたら、
それがNativeの口の動きと全く違かったのです。
これでは上手く発音出来るはずがありません。


それからはアメリカのニュース番組を見ながら、ひたすらキャスターの口ばかりを見て勉強しました。

結果、「どこに留学してその流暢な英語を身につけたのですか?」と聞かれるまでになったのです。

要はスポーツと一緒です。
上手い人のフォームをジーーッと見て真似し、
完璧に真似ることが出来るまでひたすら練習するのです。

発音が良くなるとスピーキング力と◯◯◯◯◯力が上がる!

そうやって発音を練習すると、驚く事が起こって来ます。
それは、今まで全く聞き取れなかった英語が、
少しずつ聞き取れる様になるのです。
これは、私の英語スクール(Yuki’s LINE School)でもよく見られる事です。

発音を直すと言うと、スピーキング力が上がるだけと思いますよね?
なんとリスニング力も上がるのです。

理由は自分の発音によって、Nativeの発音と単語がしっかり結びつくからです。
大体こんな感じです。

(発音勉強前のあなた)単語の意味  ≠  Nativeの英語発音
日本の学校教育では発音を学ばないので、単語の意味と正しい発音が繋がらないという事が起こっています。

(発音勉強開始後のあなた)単語の意味  = 自分の英語発音 自分の英語発音 = Nativeの英語発音 単語の意味  = 自分の英語発音 = Nativeの英語発音
となるのです。

なので、今まで「Nativeが何を言ってるか全然分からなかったのに、文章で見たら知っている単語ばかりだった」と言うような事は起こらなくなるのです。

イケてる発音はあなたのモチベーション

ここまでで、英語の発音を良くしないと、
英語が通じない・聞き取れないと言う事をよく分かって頂けたと思います。

そんな英語の発音ですが、絶対に頑張った方が良い理由がもう1つあります。

それは、あなたのモチベーションが上がり続けるからです。
発音がNativeに近づいてくると、「自分、英語話してる!」と実感できてとてもワクワクするのです。

英語の勉強は継続が難しいですが、最初に発音を綺麗にしてしまえばモチベーション高く勉強を続ける事が出来ます。

これは経験者しか分からないのですが、是非あなたにも経験して欲しいですね。
凄く爽快な気分になるんです。

ロンドンにMBA留学していた彼も・・・発音がもっと上手だったら
自信を持って私を口説き落とせていたかもしれません笑(冗談です)

1日15分、Nativeの口の動きを真似れば見違えるような発音に

今まで書いて来た自分の経験を元に、私の発音セミナーでは参加者に鏡を持ってもらい、ご自身の口の形とNativeの口の形を見比べてもらいます。

最初は発音することで精一杯ですが、
Nativeの口の動きを理解した人は一瞬で発音が良くなります。



しかしこのセミナーでは心残りなことが1つあります。
それは、セミナーが終わった後までフォロー出来ない点です。

先ほどから書いている通り、英語の発音はスポーツで筋トレです。
正しい形を知ったら、後は真似して練習を繰り返すのみなのです。

みんなセミナーが終わったあともちゃんと練習しているかな?
それが気がかりで仕方ないのです。


しかも、このセミナーさえも遠方で参加出来ない人がいる。。

みんながしっかりといつでもどこでも筋トレを続け、
英語の発音を帰国子女並みにする方法は無いか・・・・?
いつも一緒に仕事をしているNative達とも相談し、

毎日メールで動画を届けてはどうだろう?


という結論に至りました。

こうして英語の発音で苦しむあなたのために、英語発音の練習を毎日続けてもらえる、「2ヶ月間発音コンプリート・メール講座」完成させました。
しかも動画を見る時間は1日15分でOKです。

Nativeの丁寧で分かりやすい発音動画をみて、
口の動きをしっかり真似してみて下さい。

さらに、あなたには継続してもらわないと意味が無いので、腹を括りました。

努力を継続した人は参加費がタダになります

この「2ヶ月間発音コンプリート・メール講座」では、毎日動画が届きます。その動画を確認し、日報を提出して頂きます。その日報を54日以上しっかりと提出してくださった方には、

「リアルNative*と共に半日学ぶ発音セミナー上級編」への無料参加権をプレゼント
します。

しっかり練習し日報を提出して下さった方に、私とリアルNativeで挟んで、
さらに発音のブラッシュアップをさせて頂こうと思います。

(リアルNative*とは、日本人の英語に全く慣れていない、日本語の話せない本当のNativeです。日本に住んで英会話スクールで働いているNativeとは大きく異なります)

ただし、「今日も練習しました」とか、そういう短い日報はさすがに困ります。
しっかり考えて出して頂ける様に、こちらでテンプレートと字数制限を作りますので、しっかりついて来てくださいね!

私が毎日音声で激を飛ばします

毎日あなたに届くメール講座は、
無理なく楽しい内容になっているので、
とても楽しく続けてもらう事が出来ます。

しかし、リアルNativeはやはりNative。
私たちnon-Nativeとは違います。

違うと言うのは、私たちnon-Nativeの苦労が分からないのです。
お金持ちが貧乏人の気持ちがわからないのと一緒です笑。


つまり正しい発音は教えてくれますが、正しい勉強の仕方は教えてくれません。
それを、私が毎日音声で解説します。


これは、NHKラジオ英会話を毎日1時間6年間聞き続け、
海外ドラマや海外のニュースの登場人物の口を見続け、
研究した私だからこそ出来る事です。

私たち日本人=non-Nativeがどこに注意して学ぶと、
さらに成長する事が出来るのか?丁寧に解説します。

「2ヶ月間発音コンプリート・メール講座」のカリキュラムはこれ!


そして気になる参加費ですが・・・

参加費はいくらですか?

今回この「2ヶ月間発音コンプリート・メール講座」を構築するにあたり
私とリアルNative2人はもの凄い情熱とエネルギーをつぎ込みました。

なぜなら、何度か開催した発音セミナーで、
日本人の発音が驚異的にまずい事を知ったからです。
これは何とかしなくてはなりません。


動画に登場するアメリカ在住Nativeのカイルは、

「口の動きがしっかり映っているか?」
「発音が聞き取りにくくないか?」

そういったことを気にして何度も撮り直すくらいでした。

講座を構築するにあたってここまで大変なことを知り、これがこう言ったサービスが世の中に存在しない一番の理由であることに気がつきました。


しかし、私たちはあなたに帰国子女のような発音を身につけてもらい、
自信を持って英語を話して欲しいと思っています。

よって11,000円で提供させて頂くことにしました。
しかも、日報を54日以上しっかりと提出頂いた方には通常15,000円で参加頂く予定の「リアルNativeと共に半日学ぶ発音セミナー(上級編)」に無料でご招待します。

つまり、しっかりやって頂ければこの参加費は0円になると言うことです。


なお、この「リアルNativeと共に半日学ぶ発音セミナー(上級編)」は一般募集もする予定ですが、本来は15,000円でご提供するものです。

よって、本「2ヶ月間発音コンプリート・メール講座」は今後、
10,000円から15,000円もしくはそれ以上に値上げ予定です。

さらに今だけのとんでも特典をおつけします!!

クレジットでの支払いはこちら

購入者の声

最後に

私は「リアルNativeと共に半日学ぶ発音セミナー」を開催するたびに憤りを感じます。学校教育であまりに発音を軽視しているがために、参加者の発音が殆どゼロに近いのです。

一体税金を使って何を教えているのだろう?といつも思うのです。
日本は資源も無い小さな島国です。

しかしこれだけの産業や学問が栄える一大知識大国です。

にもかかわらず、英語が出来ない足かせで
とってもおしとやか過ぎる気がしませんか?

素晴らしい文化や知識や歴史があるのだから、
もっと日本人一人一人が英語を利用して、
どんどん世界に羽ばたいて欲しいと思っているのです。

だからまず発音!!

発音を身につけ、たとえ中学英語でもしっかり通じる力を身につけて欲しいと
切に願っているのです。