Yuki:今日もいろいろCameronさんに聞いて、日本人が間違える英語をあらかじめ聞いて、話すときに間違えないようにしようという企画で行きたいんですけれども。

私とCameronさん、結構お酒を飲むんですよね。すごい飲むわけではないんですけれども、たしなむ、というか、楽しむ感じですよね。

Cameron:そうですね。楽しむ感じです。

Y:今日もここに色々あって、飲んでいきたいんですけれど、これをやるといろいろな意見が来るんですよ。ありえなくないですか?とか、直飲みはどうなんですか?とか、いろいろ言われるんですが。

C:飲みニケーションですよ。

Y:まぁ、楽しんでいただく感じで。

C:IPAの意味わかりますか? ”India Pale Ale”

Y:インディアン?インディアナ州?

C:多分「インド」。多分。考えてみると、軽い味がするんですよね。暑い時はたくさん飲みたいですよね。だから軽いもの、軽いビールだと飲みやすい。実際そうかわからないですけど。

(Wikipedia参照:インディア・ペールエール は、中程度かそれよりもやや高いアルコール度数をもつエール。液色は銅のような明るい琥珀色。ホップの風味が強くて苦味がある。しばしば、麦芽のフレーバーを伴う。IPAは通常ペールエールのカテゴリーに入れられる。)

Y:飲むのも好きですけど、Cameronさん、自転車も好きですよね。

C:自転車大好きです。

Y:そういう時に日本人としゃべって、「あぁ、またこれだ」っていう間違いがありますか?「自転車貸して」的な。

C:私の自転車は、私の足がすごく長いから、(自転車の高さが)日本人のここ(脇)までくる人がいるんです。だから、なかなか自転車は貸すことができないんだけれど。

そういう、貸すときとか、借りる時とか、レンタルビデオとかを借りたりとか。

英語で日本人が間違えるところがありますね。

Y:なんですか、それ。

C:よく、”lend”と”borrow”と”rent”。

“lend”は「誰かに貸す」

「あなたの自転車を借りたい」時は、

“Please lend me your bicycle.” or

“May I borrow your bicycle?”

Y:”lend”が「貸す」。

C:Yes. お金は関係ないね。”Please lend me money.”だったら、”May I borrow somebody else.”と同じことになって、返さなきゃいけないんだけれど。”lend”は返さなきゃいけない。

Y:じゃぁ、”Can I lend your bicycle?” と、”May I borrow your bicycle?”は何が違うんですか?

C:”May I borrow your bicycle?”は、「あなたから私が借りてもいいですか?」

“Can I lend your bicycle?”は、「あなたの自転車を借りて、私が他人に貸してもいいですか?」みたいな感じになる。

Y:へぇ~。じゃぁ、”Can I lend your money?”は?

C:”Can you lend me money?” だから、”lend”は、”to me” か、”to somebody”

“Can I borrow money”の場合は、「誰から?」 ”from you”

“Can you lend money?” の場合は ”to me” 「誰に?」

Y:あぁ、なるほど。これ、すごく難しいですね。

C:”borrow”は元から。そっちから、こっちの感じ。

“lend to”はこっち(相手側)が中心ですね。

Y:”borrow”が「借りる」で、”lend”が「貸す」なんですよね。だから、自分が「借りたいんですけど?」という時は、

“Can I borrow”を使うべきで、それでも”lend”を使いたかったら、”Can you lend bicycle”になるわけですね。

C:そうです。そうです。だけどもう一つ、これはよく子供のころに、よく学校の先生になおされたけど、

“borrow me some money.”は自然に言うけど、これは大間違い!!

これ、日本人が、の問題じゃなくて、世界中の”borrow me some money.”が悪い文法です!

“borrow me money.”は違う。

“lend me money.”が正しい。

Y:”borrow”はなんでダメなんですか?

C:”borrow”は、”from”だからね。”from somebody” “May I borrow money form you?”だから、”borrow to me”は間違えている。”lend to me” (お金の貸し借りは)”to me”なので、「僕お金がないから」お金が欲しいから、お金をちょうだいみたいな感じなので、”lend me money”とか、そこから丁寧に、”May I borrow money from you?” とか、”Please lend me money?”

Y:はぁ、これは結構根深い問題ですね。

C:”borrow” と  “lend”

Y:じゃぁ、もう、今聞いていて、わけが分からなくなっている人に、とりあえずこれだけ覚えておいて、っていうのはありますか?

C:”Please lend me your bicycle?” bicyclerとかよりも、penが多いね。

“Please lend me a pen.”  (lendはto me)

“May I borrow a pan.” (borrowはform you)

どっちもOKです。

Y:「借りる」と「貸して」が違うわけですね。そこをしっかり覚えないといけない。ちょっと難しいけど、覚えてしまった方が早いと思うので。今日もそんな感じで覚えてしまってください。