Yuki:今日もCameronさんに日本人のよく間違える英語を聞いて、それがネイティブからするとどんな印象なのかということを聞きたいと思います。

Cameronさんは日本に長くいますけど、日本に来たての外国人の人がいると、必ず「日本のどこがすごい」という話になるじゃないですか。

そうすると、「自動販売機がある」とか、「コンビニ(の食べ物)がおいしい」とか、そういう話になるじゃないですか、必ず。

そういうことをまるっとまとめて言うと、「日本が安全な国」だよね、って言う話になると思うんですけれど、それを説明するときに日本人が間違えるんですよね。どんな感じに間違えるんですか?

Cameron:正直言うと、なぜかわからないんですけれど。僕より、母国語が日本語のYukiの方が考えられるかもしれないんですけれど。

(✖) ”Japan is a safety country.”

はよく聞きますね。

Y:”safety” って言っちゃうのね。

C:言っちゃう。でも本当は、

(〇) ”Japan is a safe country.”

“safe place” 。”safety”じゃなくて、”safe”。

Y:これ、間違えますね。多分、私の憶測なんですけれど、カタカナ英語があるじゃないですか、日本語の中の。それの中に”safe”って言うのがほとんどない、出てこない?

あ!

C:野球。”safe”と”out”。

Y:あ、それ(野球)だけだ。

そう、それの印象で。そのほかは、”safety net”とか、そういうのはいっぱいあるから、”safety”が多いのかもしれない。だから、突発的に出てしまうのかもしれないですね。

でも、”safe”なんですよね。

“safe”と”safety”って何が違うんですか?

C:”safe”は文法が出てこないんだよね・・・(笑)

“safe”は「形容詞」

“safety”は「名詞」

だから、”safety”は名詞と思えば、名詞の前に名詞を付けることはできないので。形容詞が名詞を深く説明するので。「どんな国ですか」、”safe(形容詞)country(名詞)”。だけど、”safety(名詞) country(名詞)”とは言わない。

Y:確かに。「名詞」「名詞」で並ぶ場合って、その塊で一つの名前になるような時だけで、一般的に”safety country”とは言わないわけですね。

でも、カナダも結構安全じゃないですか?

C:そう言いたいんですけど・・・。僕は自転車を3台盗まれて、車を家から1台盗まれました。

Y:車を盗むんですか!?

C:安全と言いたいですが。まぁ、いろいろなところで、ヨーロッパとかはすりが多いですよね。アメリカの方では銃の心配とか。カナダにもたくさんあるし。

でも、やっぱり”Japan is a safe place.”

Y:じゃぁ、カナダも自動販売機とかぜんぜんない?

C:全くないです。

Y:それは安全性の問題なのか、必要性がないからなのか。

C:自動販売機は、コンビニに入ったら自動販売機があるの。外に置いておくと、夜中に盗まれちゃう。

Y:カナダでも!?

C:”Yes!”

Y:ということで、(安全ということは)誇らしいことなので、”Japan is a very safe country.”

C:”extremely safe country.”

Y:やたらに安全なので、これがぜひ続くといいですね。