Yuki:今日もですね、Cameronさんに色々聞いていきたいと思います!

Cameronさんはお酒が強いでしたっけ?

Cameron:たくさん飲めるけど、舌が回らなくなっちゃう。

Y:それは困る。回らなくなる前にしゃべらなきゃ!

今日はですね、これ、事前に聞いて、「おぉ!」と思ったんですが、Cameronさんはビジネスパーソンとしてもすごいんですよ。Cameronさんがほかの人と違うところって、ほかのネイティブって、英語を教えているだけでしょ?

だけれどCameronさんは日本で仕事をしているんですよ。それも製薬業界っていう難しい業界で。

かたや大学で大学生に英語を教えているんですよね。

どんな英語教えているんですか?

C:一つの大学は営業関係の英語。もう一つの大学は一般の英語。

Y:そういう人なので、すごいんですよ。

で、そんなCameronさんに聞きたいのが、自己紹介の時に必ず、「名前」「年齢」「住んでいるところ」「子供の人数」「趣味」あと、「どこで働いているか」。

これって、ちゃんと覚えている人だったら”work for”なんですけれども、ちゃんと考えると前置詞は”for”だけじゃないっていうのが言えるんですよね。

C:そうですね、”for”だけじゃない。

Y:で、日本人って、前置詞がすごく不得意なんですよね。基本的に前置詞という概念がないじゃないですか、日本語って。だから、冠詞と一緒で、(日本語に)ないものだからキツいんですよ。現在完了がわからない、みたいな。

C:想像もつかないし、覚えにくいしね。

Y:だから、今日はそれを教えていただきたいんです。

Cameronさんは自分のお仕事を説明するときにどんな感じなんですか?

“for”とかほかの前置詞を使うと。

例えば、Cameronさんが高校の先生だったら何て言います?

C:”I work at a high school.”

Y:そう。”for”じゃないんですよ。

C:”for high school” とは言わない。

Y:”for”を使う時と使わない時、何が違うんですか?

だって、みんな多分”I work for 〇〇company.”って。

C:Yes! Exactly. I work for a company. So, for example. I work for Panasonic.

But, ”at”は場所。

Y:なるほど。

じゃぁ、「会社」に務めているという場合は”work for”で、「場所」、あそこで働いている、という場合は”at”を使うわけですね。

“high school”の場合は場所だから”at”。

C:たくさんの”high school”があるからね。Panasonicは一つしかない。

Y:じゃぁ、Panasonicのどこどこオフィスで働いている、って場合は?

C:”I work for Panasonic, I work at meguro office.”

Y:なるほど。

C:”I work on the 25th floor.” “I work in accounting.”

Y:経理で働いている。なるほど~。

ただ働いている、っていうだけでもこれだけ前置詞が変わるわけですね。

C:そうですね。全部変わります。

Y:「会社」には”for”。「場所」には”at”。「フロアー(階)」には”on”。「部署」には”in”。

C:あともう一つ、みんなの頭が爆発するかもしれないけど、Panasonicはすごく有名じゃないですか。

有名なところは”at”を使ってもOK。

Y:これは有名なところ、みんなが知っているようなところ。

これはもう完全に慣れですよね。

なんで?って言われてもそういうものだから、って言うしかできないですよね。

C:そう、なかなか説明できない。

Y:(Cameronの説明から)こんな感じです。

「働いている」と一言で言っても、何を対象にしているかによって、これだけ前置詞があって、英語ってバリエーションがあるってことですよね。

日本語だったら、「経理で働いているの」、「目黒で働いているの」、「パナソニックで働いているの」、「CIAで働いているの」は全部一緒ですもんね。

〇〇で働いている。「で」で済む。

でも英語だと、これだけ違うわけですね。

私もすごく勉強になりました。結構私、適当に使っていたかもしれない。

C:今日のワンポイントは”I work for ~”は使えます。

Y:広い範囲のものに使う時はですね。

こういう微妙な前置詞の使い方はネイティブじゃないとわからないですよね。

今日はこの辺で。