Yuki:今日もCameronさんにいろいろお聞きしていきたいと思います。

Cameronさん、初めて会う日本人とお話しする時って、必ずどこに行った、とかあそこに行った、とかいう話になると思うんですけれど、

Cameron:旅行の話とかにはよくなりますね。

Y:Cameronさんが「僕、カナダ出身なんだよ」って言うと、「私、カナダ行ったことあります」とか、「カナダはないけどオーストラリアなら行ったことあります」ってなりますよね。

C:昨日ありました、その話。

Y:まさに?!

C:「トロントに行ったことあります。」って。

Y:そうすると、そういう時に日本人がよく間違えるやつがあるですよね。どんな感じですか?

C:例えば、「行ったことありますか?」って聞くときに、質問ですよね。疑問文。だから、

“Have you ever been to Canada?”

答えは、

“I been there before.” 「行ったことあります。」

Y:行った経験があります、ってことですよね。

C:で、これを聞くと、 My question is “Have you ever been to Canada?”. だけど、Yuki先生の答えは、

“I been” “Yes, I been to Canada.” 「行ったことあります。」

“ever”がなくなります。

実際は、(すでに)「行った」ことなので、”ever”はもう使わない。それがよく間違えています。

✖”I have ever been to Canada.”

Y:あぁ、そっか。聞かれたからそのまま(同じ文頭を)言っちゃうんですね。

C:正しい答えは、

〇”Yes, I have been to Canada.”

Y:Everは言わないんですね。

C:でも、ネガティブの時は

“No, I have never been to Canada.”

それはよく間違えていますね。

Y:日本人はよく”ever”を使うけれど、それは疑問、質問の時しか使わないから、行っていても行っていなくても出てこないわけですね。

日本人って、疑問文で聞かれたらそのまま答える、みたいな練習をしているから、習性で”ever”を使うけれど、”ever”はなくす。

じゃぁ、行っていたとすると、その時に日本人が間違えやすいのはありますか?

「行ったことがある」が”I have been to ~ “

「去年行った」は?

C:”Last year, I went to Canada.”

Y: “have been”はどこへ行ってしまったんですか?

C: “I have been”がなくなったのは、”I have been”は「経験がある」なので、”last year” はタイムラインの中の一点なので、だから”I went”。

Y:一地点を過去形として表しているわけですね。

C:もし、「一年間カナダにいました。」という学生の場合は

“I was in Canada for one year.” “I went to Canada for one year.”

“I’ve been to Canada.”は(短期間)行って帰ってきた、ってこと。

Y:一年くらい滞在した場合には”I’ve been to Canada last year.”とは言わない?

C:言わないですね。

Y:日本人は本当に現在完了が不得意なので、行ったことがあるかどうか、経験を聞くときに”have been”を使うんであって、実際に「行った」という一地点を表す場合というのは、過去形ということですね。

C:そうですね。シンプルに過去形でいいですね。

Y:でも、私のおすすめは、こういうふうに聞かれたときはこう答える、って覚えてしまった方がいいかな、と思うんですよね。

「去年行ったの?」って聞かれたら、「行きました」”I went to Canada last year.”

だけれど、もう、「カナダに(そこに)行ったことありますか?」”Have you ever been there” って聞かれたら、

“Yes, I have been there before.” って覚えちゃった方がいいかな。理屈は後からで。