Yuki:今日もCameronにいろいろ聞きたいんですけれども、

Cameronが長く日本にいらっしゃって、いろいろあったんですよね?それで、カナダに戻ったりすると、「誰と結婚したの?」とかって言う話になったりすると思うんです。日本にいても日本人同士でどういう話になったりすると思いますが。それって、日本人、結構大きな間違いしてる時ありませんか?

Cameron:あります。ありますね。

小さい単語。”to” “in” “with” “on” “at”とかだけれど、まぁ、重要なところですね。

よく聞くのは、

✖”He got married with a Japanese girl.”

Y:”with”を使っちゃう。

C:本当は

〇”He get married to someone”

Y:”to”を使うんですね。

これ、”with”を使っちゃう。「~と」結婚する、って日本語で言うから、「~と」だと “with”を思いつくわけですね。

“with”を使うケースもなかったでしたっけ?

“marry”と”with”は使わないですね。だけど、”to”を使わない時もある。

“got”をなくして、もっとシンプルな文法を使うやり方なら、

“Junko married Ken.”

Y:おぉ。

C:もっとシンプルですね。

Y:結婚に関しては”with”は忘れる感じですね。なるほど~。

日本語に引っ張られるとそうなってしまうから。

C:多分皆さんは自然に(英語を)使う時があまりないし、(日本は)たくさんの言語がある国ではないから、勉強して覚えて、完璧な文にして、こういう場合はこれを使わなければいけない、ってなってしまうから、「~と」という時は”with”になっちゃう。

だけれど、いろいろ聞くと、自然に”with”が”to”に変わるから、聞くことをたくさんする、(そういう場面を)たくさん作っていった方がいいですね。