Yuki:今日はCameronさんだからこそできる企画で、日本人がよく間違える英語をいろいろ聞いていきたくて、過去にもいろいろ聞いたんですが。

 Cameronさんは、日本語も英語もすごくできるからわかるんですよね。それを紐解いていく企画です。

 よくこういうのありませんか?「もし雨が降ったらデートしよう。」みたいな。

 「もし雨が降ったら、美術館に行こう。」という話をする。

 そういう時に日本人がよくやっちゃうことって何ですか?

Cameron:

 (✖)”If it will rain, we will go to the museum.”

  (〇)”If it rain, we will go to the museum.”

Y:「もし雨が降ったら」は、”will”がいらないんですよね。

 それを日本人はすごく注意しなければいけない。

C:例えば、「もし暑かったら、海はやめて山に行こう。」

 ”If it’s hot, we will skip the see and go to the mountain.”

  ”If it’s cold, let’s stay home.” 「もし寒かったら、家にいよう。」

Y:これ、いま全部将来の話をしているんですよね。

C:そう、将来の話。

Y:”If”を使った時点で、将来のこと?

C:”If”を使ったら将来のこと。

Y:そうなんだ~。日本語だと”If”って、「もし」でしかないから、「~だったら」のところに「将来(の要素)」が入るんですよ。だから、厳密に(英単語とは)結びついていないのかな。

C:でも、考えてみると、”If”は将来しかないよ?

Y:あ、そっか。

C:「もし、寒かった(過去)」はないよ。

Y:ないね。

C:寒いかどうか、過去のことは知っているから。「もし」は将来。1分後でも将来になる。

Y:とにかく覚えておいて欲しいのは”If”を使って将来のことを話すとしても、週末のデートのことを話すとしても、”If”のところ(文)には”will”はいらない。

 ただ、その後の、”we will go to the museum.”には”will”が入る。

C:”will”は2ついらないからね。

Y:1つだけってことを覚えておいて、後ろだけに入れることを覚えておいてください。