shutterstock_422559808

A hair of the dog
「毒を制すための毒=迎え酒」

私は初めての考えだったのですが

「飲みすぎた次の日の朝、二日酔いを冷ますために、さらにお酒を飲むこと」

を表しているんだそうです。

 

自分を考えるととてもそんな気にはならないのですが

お酒の消費量が半端ないオーストラリアでは

「あーあなたそういうタイプね」みたいな感じで笑ってました。

 

辞書にも乗っていたので、オーストラリアだけではなさそうです。

 

使い方は

I'll have a hair of the dog. 「迎え酒でもしようかしら」。

 

共感させる方いますでしょうか?(笑)

由来は、狂犬に噛みつかれてできた傷に

その犬の毛をくっつけると狂犬病が治るという迷信からきてると

辞書に書いてありました。

お酒でなくても使うのかもしれません。

 

【Update information】

ここで、ネイティブに聞いた上記以外で「迎え酒」を表す表現をご紹介します。

 

A drink in the morning.             

Hangver remedy.              

The hair of the dog that bit you.              

A little more of the same.