今日は読者の方からの質問に回答して
 
シェアしていくという企画です。
 
 
 
今日は
 
【発音がうまくできない】ということについて
 
私なりにアドバイスできることをと思います。
 
 
 
 
これはですね、語ると6時間くらいしゃべれるので
 
この場で簡単に言えることだけ
 
言いたいなと思います。
 
 
 
 
それ以外のことはメルマガなどで書くので
 
登録頂ければ。
 
 
 
 
まずは発音って根本は日本語の音と英語の音が全然違う
 
っていうところから始まるんですね。
 
 
 
つまり
 
日本語をしゃべるときに使う筋肉や肺と使い方と
 
英語をしゃべるときに使うものと違うんですね。
 
 
 
それを無視した状態でやっていたら
 
ぽくならないのは当然なんですね。
 
 
 
とにかく口をよく動かすことと
 
英語をしゃべるときには呼吸量、肺活量を使って
 
しゃべることが大事。
 
 
 
日本語と英語って声の出し方
 
しゃべり方が違うんですね。
 
 
 
発音とかも全然違うじゃないですか。
 
なのでそれなりのしゃべり方を真似しないと
 
絶対できないんですね。
 
 
 
英語の音を聞いて口から出すにしても
 
日本語のしゃべり方でしゃべっていたら
 
ずっとネイティブっぽくなることはありません。
 
ネイティブっぽくしゃべることが大事です。
 
 
 
それにはひたすら英語で使う筋肉を
 
鍛えなきゃいけないんですね。
 
 
私はある人に英語の発音をしっかり練習してると
 
顔が筋肉痛になるよと言われたんですね。
 
目安としては顔が筋肉痛になるくらい
 
しっかりと発音の練習をするといいと思います。
 
 
 
そのためには単語帳などを買ってきて
 
ネイティブの音を聞きながら
 
全く同じ音になるように
 
しっかり筋肉を動かして
 
練習することが大事です。
 
 
 
私もそれ結構やっています。
 
例えば、こんな動画撮影の時には前日に3時間くらい
 
ひたすらネイティブの発音に近づくように
 
筋肉を使って練習しています。
 
 
あとは日常生活でも
 
普通に日本語話していた後にネイティブと話すときは
 
いったん会議室などに入って
 
口をよく動かして、ウオームアップしてから
 
ネイティブと話すようにしています。
 
 
そうじゃないと英語独特の発音
 
たとえばアの音でも色々ありますよね。
 
子音の音もしっかり発音できなくなるので
 
やってます。
 
 
 
今とにかくいえることは
 
ネイティブの発音をしっかり真似できるように
 
口の筋肉を鍛えることです。

 
 結構な練習になると思いますが
 
やっていけば確実に筋肉がつきますので
 
是非やってみてください。
 
 
 
 それでは、以上です。