Yuki:今日も、Cameronさんにいろいろ聞いていきたいと思います。

読者さんの質問で、いろいろあります。

けっこうビジネス的なものが多いと思いきや、子供に注意したかったというのが来ていて面白いんですけれども。

読者さんからの質問は、

子供に、「だからいったでしょ!」って言いたかったんですって。

で、彼女の頭に思い浮かんだのは、

”Just I told you!”だそうです。これ、あってますか?

Cameron:近い!本当に近いです。

Y:では、本当にリアルネイティブの人たちがなんて言うかをCameronさんにお願いします。

C:たぶん、「だって」っていうのが”Just”になっているんですよ。「・・・だって言ったでしょ」みたいな感じになっていて。

だけど、声で、トーンも使って、ちょっと子供に注意をする時だから、

“I told you so.”

これを声を使う。”I told you so.” それで、「だって」が含まれています。

Y:あぁ、そっか。「だって」を英語にしないで、言葉の抑揚で。

C:そう、言葉で。例えば、”Don’t touch that. Don’t touch that.” “eek!” “I told you so.”ってなっちゃうね。

Y:なるほど~。

C:”told”を強く言うと”I told you so.” その中には(聞いてくれなかったでしょ?)って含まれている。

“But, you didn’t listen to me,did you.”みたいな感じ、が(  )に含まれているね。

Y:英語ってけっこう全部言葉にはしないで、表現で意味を含むことがありますよね。

C:そう、言葉を強くしたり、弱くしたり、イントネーションのUp、Downとかで。

子供を注意したかったら、”I told you so. “で言えてしまうんですね。

あと、これは日本語で何というでしょうか?質問だけれど、実際は質問じゃない。

例えば、

“Didn’t I tell you so?!” 「言ったじゃないですか?!」

みたいな感じですね。

Y:声の抑揚を使う。ちょっと強めに言うのも大事なんですね。

C:”Told”を強くする、それで「だって言ったでしょ!」となるんですね。

Y:Cameronさん、小さい時に親にこうやって怒られたことがありますか?

C:弟にいたずらを(笑)

******

Y:言う内容だけではなくて、声にエネルギーを乗せるという。日本語にない概念なので、ぜひ覚えていただければと思います。

C:怒ったままにしないで、子供を愛してください。

“I told you so.”  そして、「愛してるよ」というのが大事。

Y:確かに。