Yuki:今日もCameronさんに読者の方の質問をぶつけていきたいと思います。

今日は女性の方からの質問だと思います。

職場で外国人のワーカーさんがすれ違いで通ったらしいんですけれども、

Cameron:もしかして僕?

Y:違う、違う(笑)。どうも、その人がすごく仕事がはかどっている様子、なんですって。

で、「仕事はどんな感じですか?」「仕事で今どの辺まで進捗していますか?」って聞きたかったらしいです。

C:どういうふうに答えましたか?

Y:彼女は”How have you been working?”と言ったらしいです。

C:Good. 別に悪くないです。

Y:Cameronさんならなんていいますか?

C:ん~・・・。I will probably say…

”How’s work?”

Y:シンプルに。

Y and C: “How’s work?”

C: Or maybe… “How’s it going?” Or maybe… “How are things?”

Y:”How are things?” へ~。

C:How about you your experience?

Y:Are you doing great?, or good?, or on your work? とか。

C:”on your work”は以前に同じ仕事場でYukiが使っていたと思うよ。思い出した。

“On your work.”あまり使わないですねぇ・・・

Y:ホントに!?

C:”With”のほうがいい。

Y:”With your work”

C:”Are you doing well with your work?” ”good”は形容詞。”well”は副詞。

C:”Doing”は動詞だから副詞を付けますので、”doing”+”well”。

“It’s a good work. I’m doing well.”とかね。

C:”Are you doing well with your work?” も聞ける。

“How’s work going?”もいい。

Y:なるほど。そんな感じで通りがかった外国の人に仕事の感じを聞くことができるんですね。

C:よくありますね。仕事場が大切なので、交流、コミュニケーションが大事なので、”How’s going?”とか、”How’s work?”とか、それでいい環境を作って、もし何かがあった時、お願いがあるときには、いい友達とかいい環境ができたら、お願いすることができるから。

Y:これは職場ではヘビロテで使う感じですね。

C:使いましょう!

Y and C:ありがとうごさいます。See you next time again.