Yuki:今日はCameronさんにすごい面白いことを聞こうと思うんですけれども、読者の方からのお問い合わせで。

状況としては「つけ麺屋」さんに行ったらしいです。それで、「麺の茹で加減、麺の硬さを指定できますよ。」と言うのをなかなか言えなかった、という質問です。

Cameron:これは特別な質問ですね~。

Y:日本ならではですよね。

ラーメン屋さんはわりと外国人の方に人気ですが、そんな中、注文のチケットを入り口で買った後、店員さんに(チケットを)渡すときに日本人は、「熱盛りで、麺硬めで、家系ラーメンでは、野菜増しで、ニンニク抜きで・・・」などなど。

へ~そうなんだ。私、ラーメン屋さんあまり行かないのでわからないですけど。

C:そうか。チケットのところには載ってないんですよね。

Y:「脂少なめで、」とか、つけ麺であれば食べ終わった後、「スープ割りお願いします。」など細かいオーダーをします。

C:すごい!

Y:そんな場面を不思議そうに見ていた外国人がいたので、日本人が何を言っているか英語で外国人に説明してあげて、その外国人が店員さんにオーダーするための日本語を教えてあげれば、その外国人はとてもいい旅行の経験ができるかな、と思います。

めっちゃいい人ですね、この人。

C:そうだね、優しいですね。

まずは、どこからスタートしますか?

Y:麺の茹で加減を説明するときは?

C:そうだよね~。僕もそれ、聞いたことがあるよね。ラーメンを頼んで、そして、柔らかめとか、硬めとかも好きな人がいるから、

“You can order noodles, soft or hard.”

“You could order soft or hard noodles.”

Y:あぁ、そうか。日本人は「茹でる」っていうことが頭にきているから、”boil”が頭に浮かんでくると思う。

そうではなくて、結果として「柔らかい」か「硬い」かを言えばいいということですね。

C:”You can order soft or hard noodles.”

Y:ほかにも”noodles”っていろいろあるじゃないですか。ラーメンだとウェーブになってるやつと、まっすぐのやつ。それはなんて言ったらいいですか?

C:同じ表現を使って、

“You can order wavy or straight.”

“You can order straight noodles or wavy noodles.”

Y:”a”はつきますか?

C:つかないです。”noodles”は数えない。

Y:他は何かあるかな…

C:How about a…

Y:あぁ、「太い」のと「細い」の

C:”You can order thick or thin noodles.”

Y:”thick”、”thin” これ、ちょっと発音の練習が必要ですね。

日本人は発音するときにここ(口角)が上がらないんですよね。

C:この場合も、同じ表現は二度使わなくてもいいですよね。

Y:結構日本語って、丁寧に読みますもんね。「固麺」「細麺」とか。「麺」が続くので発想を切り替えた方がいいかもしれないですね。

これ、すごくいい質問でしたね。

~~~~~~

C:key point は

“You can order “で、いろいろな組み合わせができる。

助けてあげてください、外国人を。

Y:外国人、たくさんラーメン食べに来ますもんね。

See you next time.