Yuki:今日もCameronさんに日本の読者の皆さんの質問をぶつけたいと思います。

今日の質問は、

大宮駅に入っているクロワッサン鯛焼き屋さんの前で、不思議そうな顔をして眺めている外国人に、「おいしいですよ。」と教えてあげればよかったな、と後悔した。

ということです。

Cameron:まぁ、鯛焼きを見てみたことがない人だったら不思議そうな顔はしますよ。

Y:しますよね~。で、この質問者の方は、「心配しないでお試しください。」って言いたかったそうで、彼の英語は、

“Don’t worry, It won’t bite you. Take a try.” って言ったそうです。

C:それ、面白い。すごく面白い。

Y:面白い。噛まないから食べなよ、って。

C:そう。それ、僕もよく使うんですよ。人と話すときに、”Don’t worry. I won’t bite you.” 話をしても大丈夫ですよ~。みたいな感じに。

Y:それ、Cameronさん以外にも言うんですか?

C:たぶんほかのネイティブも言いますよ。

まぁ、この場合は、簡単な(表現で)、

“Try it. You might like it.” とか。でも、確かに、「魚」は何だろうなぁ、って。この中に魚がいる(入っている)のか?って思う可能性もあるので。でも、まんじゅう(あんこ)が入っているんですよね?小豆とか。”Japanese sweets”

“Almost all Japanese people love Taiyaki.”

多分、不思議な顔だったら、クロワッサンに対しての顔じゃなくて、「鯛焼き」に対しての顔だね。

我々、魚の形のスイーツの知識を持っていないので、

“It’s Japanese sweets. try it. You might like it!”

Y:「好きになるかもしれないよ!」って感じですよね。

C:で、もっと話せる時は冗談ぽく言えると思えば、”Try it. It won’t bite you.”とかね。

Y:確かに、確かに。”It won’t” “will not”ですよね。そうそう。面白そう。

C:すごく面白い表現使ってます。ありがとうございます。

Y:英語で話しかけて、すごく上手な日本語で返されると、「やられた~」と思います。ということなので、この外国人の方は日本語ペラペラだったのかもしれないですね。Cameronさんみたいにね。

C:日本人が最初に英語で話しをしてくれる時には、私は英語を使います。

Y:夢を裏切らない感じなんですね。やさしい。(飲み物を見て、)どっちがいいですか?

C:ジャンケンにしましょうか? ”Paper-Scissors-Rock”

Y:OK 最初はグーでしょ?

そんな感じで、不思議そうに食べ物を眺めている外国の人がいたら言ってあげてください。

今日はそんな感じです。That’s all for today.