Yuki:今日もCameronさんに読者さんからの質問を聞いていく感じなんですけれども、

熱が出ているホストファミリーの子供に「大丈夫?」と声をかけてあげたい、そうです。

Cameron:ありますね。ホストファミリーのところに泊まると、子供がいたら、子供が熱を出していたりしたら心配するから、こういうのは大切です。子供とかの心配をしてあげたら、大人も喜ぶし。本当に単純な言葉でも、もしかしたら普通には、”Are you OK?”って聞くかもしれないんだけれど、”Are you OK?”は、何かハプニングが突然あって、「大丈夫か?」って言う時は聞きますね。

だけれどこの場合は子供が熱を出しているのもわかっているから、実際「大丈夫か?」って聞くときは、「少しは良くなってきたか?」って聞きたいんですよね。それを目指しているよね。

Y:たしかに。

C:子供がよくなっているかどうかを。なので、その時にはもう単純に、

“How are you feeling?”

Y:あぁ、たしかにそうだ。

“Are you feeling better?”とか。

C:それもけっこういいですよね。

すこしはよくなった?って心配するときに、”Are you feeling better?” 「よくなった?ちょっとは。」って。

Y:これって、ホストファミリーの子供とかではなくて、会社の同僚とかにも使えますか?

C:使いましょう。確かによく使ってます。

Y:昨日休んでいた人が会社に出てきて、”Are you feeling better?”とか。

C:ちょっと早めに帰った人に次の日に “How are you feeling?”とか。”Are you feeling better today?”とか。

Y:いろいろバリエーションあるというか、いろいろな場面に使えると思うので。

C:そういう交流が大切です。相手の心を喜ばせるために。

Y:ぜひ使ってみてください。