Yuki:今日も日本に長くいて、日本語と英語をしっかり体得しているCameronさんに、日本人がよく間違えるよ、というところを教えていただこうと思います。

今日のテーマは「時間」ですね。

Cameron:そうです。

Y:電車が3分遅れただけで、申し訳ありません、みたいな。

だから、「3時です。」って言われたら、3時までなのか、3時なのかとか、すごく日本人は気にします。英語圏の方ってそんなに気にしないですか?

C:まぁ、”Time is money.”という言葉が存在していますから、時間は大切とは思っていますけれど。

あとはやっぱり、外国の方も時間は、ビジネス的には時間をすごく守りますね。

Y:ビジネスはね。

C:ビジネス以外、オフの時はまぁ、いろいろあるから。それは許せるんじゃないかな。

でも、表現的には、私が会社での話とか、メールでは結構あるんだけれど、「3時までに提出してください。」とか。

正しいのは、

“Please submit by 3PM”

“by 3PM”の意味は、「3時以降は遅い。」

“by 3PM”のもう一つの意味は、2PMでもOK、1PMもOK。”by 3PM”だから余裕があるんですよ。

もうひとつ言えるのは、

“Please submit at 3PM” それだったら、2:59は提出しない。3:01も提出しない。3時ちょうどに提出してください。(という意味になる。)

だけど、”until”がよく使われています。

Y:「3時までに」って言われたら、日本人は”until”が思い浮かびますね。

C:”Please submit until 3PM” それは使いません。

Y:そもそも間違えている?

C:間違えています。

Y:”by”を使うんですね。日本人が時間の場合迷うのは、”by”を使うか”at”を使うかであって、”until”は頭の外に出さなければいけない。で、

“by”は「3時まで」だけど、

“at”は3時ジャストでなければならない。

これ、私、結構間違えていた気がする。日本人はよく間違えますよね。

“by”は時間だけでなく、日にちにも使いますか?

C:”Please submit by end of Monday.” これで、Mondayは限界(期限)。

Y:じゃぁ、結構、日付曜日には使える感じですね。

そんな感じなんで、ぜひ使ってみてください。特にビジネス英語を使われる方。