「砂糖を半分にしてもらえますか」

今日も海外出張や旅行に行った時にスタバで(スターバックス)でカッコよく注文したり、店員さんと喋るためのフレーズをネイティブから聞き出したので、ご紹介します。

アメリカとか行くと、とにかく飲み物が甘いかな、というのを皆さん印象として持たれると思います。

私も、アメリカに行って、緑茶に砂糖が入っている、はちみつが入っている、それもですね、砂糖じゃなくて、ちょとヘルシーにはちみつにしてあげたよ、みたいなのを見た時には、はらわたが煮えくり返るくらい頭にきたんですけれども。緑茶に砂糖入れるか!みたいな感じありますよね。

とにかく砂糖漬けなんですね。なので、日本人で、本物の味が好きな方は、砂糖は減らしてっていうと調子がいいのかな、って感じがするんですね。

なので、「砂糖を半分にしてください」っていうのを英語で言うフレーズです。フレーズというか表現です。

Could I have just half the sugar?

これで、「砂糖を半分にしてもらえませんか?」です。

砂糖だけじゃなくて、冷たい飲み物だと、「シロップ」になりますよね。

スタバで、ずーっと見てるとわかるんですけれど、プラスティックの容器をお姉さんが出してきて、最初シロップを入れて、その後にいろいろなものを入れて混ぜていますよね。

シロップは甘いんですよ、そもそも。なので、「シロップを半分にしてください」の場合は、”sugar”のところを”syrup”にするだけなので、

Could I have just half the syrup?, please.

みたいな感じで言ってみてください。

“syrup”ですね。”S””Y””R””U””P”、しっかり「R」をう〜っとやっていただいた方が通じると思うので、ぜひやってみてください。

それでは、アメリカ旅行に行って、砂糖漬けにならないように今日のフレーズ、ぜひ覚えて使ってみてください。

 

こちらも是非ご確認下さい!

TOEIC 800点 勉強法 旅行英会話

それでは以上です。

「夏の季節限定の飲み物はありますか」

今日も、海外出張や海外旅行に行った時に、TULLY’S(タリーズ)やSEATTLE’S BEST COFFEE(シアトルコーヒー)、Starbucks Coffee(スターバックス)で、かっこよ〜く注文できるようにしていくためのネイティブから聞き出したフレーズのご紹介です。

今日はどんなやつかと言うと、例えばあなたが夏に(カフェに)行って、夏限定の飲み物とかを飲みたいと思うんですよ。日本だと、「さくらフラペチーノ」とか、いろいろあるじゃないですか。「ヘーゼルナッツラテ」とか、ハロウィンの頃だと、「パンプキン〜〜」とかいろいろあるんですよね。

それ、向こう(海外)にはあまりないような気がしますけど、まぁ、聞いてみよう、というフレーズです。

今日のフレーズは、

Do you have special summer beverages?

というふうに聞くことができます。

「飲み物」は”beverage”で、複数形で、”beverages”というふうに紹介しています。

“summer special beverages” / “special summer beverages”

どちらでもいいと思いますが、

“special” 「特別な」

“summer” 「夏の」

“beverages” 「飲み物」

これで、「夏の季節限定飲み物ありますか?」 なので、

もし、冬に行ったら、”special winter beverages”

もし、秋に行ったら、”special autumn beverages”

もし、春に行ったら、”special spring beverages”

な感じで聞いてみてください。

まぁ、あればめっけもの、なかったら仕方ない。でも、とりあえず会話として楽しめると思いますし、逆に日本てそれだけすごい考えられている。楽しいですよね、「さくらフラペチーノ」とか。「赤色◯号」(添加物)とかが入っていると言われますけど、綺麗な色で本当に楽しいなと思いますし。

ぜひ(このフレーズを使って)やってみてください。

 

こちらも是非ご確認下さい!

TOEIC 800点 勉強法 旅行英会話

それでは以上です。

「フラペチーノのメニューを見せてもらえますか」

今日もTOEICだけでなく、海外旅行や出張に行った時に、スタバ(スターバックス)などなどで、かっこよく注文したり、店員さんとしゃべったりするための英語、ネイティブから聞き出したものをご紹介します。

今日は、例えば、スタバに行ったら長蛇の列でメニューを渡されたんだけれど、自分はフラペチーノを飲みたいのに、(渡された)そのメニューにフラペチーノが入っていなかった、みたいな時に、「(フラペチーノが入っている)メニューを見せて」と言うためのフレーズです。

日本て、どんなレベルの飲食店でもしっかりしていて、(あまり伝えなくてもしっかりしたものが)出てくるんですけれども、スタバって若干ファストフードに毛が生えたみたいな感じなので、フレンドリーではあるんですけれど、必ずしも全てが(伝えなくても/言わなくても)しっかりしているわけではないかな?という印象なんですね。

なので、「メニューちょうだい」と言って(持ってきて)くれても、何か足りなかったら、聞かないともらえないです。

言わないと達成できないのが日本以外の文化なので、しっかり言っていきましょう。

「フラペチーノのメニューを見せてください」ですが、超簡単です。

Can I see the Frappuccino menu, please?

です。これで

「フラペチーノのメニューを見せてもらえますか?」

になります。

“Can I see the Frappuccino menu, please?”

まぁ、ポイントとして強いて言うと、”Frappuccino”って、”R”なんですね、「ラ」が。

日本語だと、「フラペチーノ」って言っちゃうんですけれど、

英語だと、”Frappuccino”です。

“Frappuccino” (Rに注意)

なので、そこだけご注意ください。

それでは、しっかり発音も整え、アメリカで足りないメニューを確認してみましょう。

 

こちらも是非ご確認下さい!

TOEIC 800点 勉強法 旅行英会話

それでは以上です。

 

「ショートエスプレッソからトールホットティーに注文を変えてもいいですか」

今日は、海外出張や旅行に行った時にスタバ(スターバックス)でかっこよく注文して旅のいい思い出にしようという企画で、フレーズは全てネイティブに、リアルにどういうのを使っているの?と聞いて引き出してきたものです。

今日は、これ、私が一番重宝すると思うんですけど、私、必ず海外に家族旅行で行った時、私が英語をやっているから、注文とかを私がするわけですよ。そうすると、後ろで私の家族が、いろいろ言うんですけれど、最初、「yukiちゃん、フラペチーノでいい」と言っているのに、一生懸命注文していると、後ろで「yukiちゃん、やっぱりラテのがいい!」って後ろでワーワー言うわけですよ。

なぜかというと、ちょっと日本とメニューが違うんですよ。

だから、いつも日本で頼んでいるものと同じでいいや、と最初言っているのに、メニュー表に見たことのないものが出ていると、「(やっぱり)これがいい!」とかって言うわけですよ。

で、それを一回オーダーして、(店員の)お姉さんが(注文を)打ち込んでいるやつを「ごめん、変えて」という時のフレーズをご紹介します。

長いです。前振りが。(笑)

で、結構簡単なので、構造だけまず覚えましょう。

注文を変える時は、「すでにAをオーダーしていて、Bに変えたい時」をやります。

Can I change my order from A to B ?

ですね。これが基本構造です。

で、じゃあこれを、スタバ風にするために、「ショートエスプレッソ」から「トールホットティー」に変えようという場合は、

Can I change my order from a Short Espresso to a Tall Hot Tea?

ですね。

これをしっかり早く言うと、

“Can I change my order from a Short Espresso to a Tall Hot Tea?”

と言うことができます。

これで、「ショートのエスプレッソ」から「トールサイズのホットティー」変えてもいいですか?と言うふうに聞いています。

まぁ、そうすると(店員の)お姉さんは「OK! OK!」と言って変えてくれると思います。

でも、向こう(海外)の人たちがイライラするのって、何かよくわからないけれど、ガーガーとやっているとイライラすると思うんですよね。しっかりと伝える分には変更は全然OKですよ。

例えば、アメリカって、返品とか全然OKじゃないですか。日本だとすごく面倒くさいけれど、昨日ごっそり買って、家に帰って気に入らないと言ったら、レシートと一緒に持って行ったら返品できるのがアメリカ文化なので、「変える」こと全然OKなんですよ。

日本人て、「変えること」に躊躇というか、申し訳なささを感じるんですけれど、申し訳なささを感じるべきことは「変えること」ではなくて、しっかりと伝えないことなので、今日のフレーズをしっかり覚えて、何回も練習をして、

“Can I change my order from … to … …”

って、覚えていただいて、しっかりそれをバッと伝えるようにしていただければと思います。

 

こちらも是非ご確認下さい!

TOEIC 800点 勉強法 旅行英会話

それでは以上です。

「バニラフレーバーとヘーゼルナッツフレーバーはどちらがお勧めですか」

今日も、TOEICに使えるもの、ではなくて、海外旅行や出張に行った時に、スマートにスタバ(スターバックス)などで注文できるためのフレーズ、表現などなどをネイティブから聞いてきたので、それをシェアさせていただきます。

今日は、「おすすめ」を聞くための表現です。

これと、これがあるけど、どっちがいい?と、店員さんに聞いてみましょう。

例えば、「フレーバー」ってありますよね。フラペチーノにフレーバーがあると思いますけど、いろいろあって、日本のものとはちょっと違かったりすると思います。どっちがいいかわからないから、「おすすめは何?」と聞くときは、

Which flavor do you recommend, Vanilla or Hazelnut?

というふうに聞くことができます。

「バニラフレーバーとヘーゼルナッツフレーバー、どっちがいい?」

と聞いています。

これは結構簡単ですよね。

“Which flavor” 「どっちのフレーバーが」

“do you recommend,” 「あなたのおすすめですか?」

“recommend”が「おすすめ」なので、それで聞いてみてください。

今日のはそんなに難しくないので、どれだけ練習して、とっさに出るかが「キー」だと思います。

“Which flavor do you recommend, … … …”

何度も何度も練習して、この動画も何回も見ていただいて、ぜひ確認いただければと思います。

 

こちらも是非ご確認下さい!

TOEIC 800点 勉強法 旅行英会話

それでは以上です。

「カプチーノはここで飲みます、ブルーベリースコーンは持ち帰ります」

今日は、スタバ(スターバックス)などに行って、スマートに注文したいんですけど、スタバに行って、今はお茶お飲みたいんだけれど、ホテルに帰った時に、ちょっと食べるものが必要、だから、飲み物はここで飲むけれど、食べ物は持って帰りたい、という時の注文の表現をしっかり覚えましょう。

これ、結構かっこよくないですか?スマートに言えたら。では、早速行きたいんですけど。

では、設定としては、

「カプチーノはここで飲みます。ブルーベリーのスコーンは持ち帰ります。」

という設定にしますね。この場合には、

Cappuccino for here and Blueberry Scone to go, please.

というふうに言うことができます。

簡単ですよね。品物を言ってここで食べる場合は、”for here”です。

で、もう一つ品物を言って、持ち帰る場合は”to go”を付けるだけです。

なので、もう一度言うと、

“Captino for here and Blueberry Scone to go, “で、最後に”please.”を付けると丁寧に収まる、という感じです。

他のものでもやってみましょうか。

Vanilla Frappuccino for here and Hot Sandwiches to go, please.

みたいな感じですね。

そうすると、「バニラフラペチーノはここで飲むけれど、ホットサンドウィッチは持って帰ります。」

みたいな感じになります。

そうすると、ホットサンドとか、作るのに時間がかかるじゃないですか。飲み物だけを先にもらって飲んでいて、飲み終わった頃に出来上がって持ち帰る、というスマートな旅もできますので、ぜひ、このフレーズはめっちゃ重宝すると思うので、覚えて使ってみてください。

なんか、ネイティブっぽくてかっこいいですよね?

で、人間て、所属欲求というのがあるんですよ。日本を出るときって、言いたいことが通じればいいや、とみんな軽く言うんですけれど、実際に行って通じないと、その社会に自分が溶け込めないような気がして孤立感を感じて、旅がつまらなくなってしまうんですね。

でも、通じて会話ができるようになると、そのコミュニティー、その地域に溶け込んでいる感がするじゃないですか。そうすると、所属欲求が満たされて、その旅自体の満足度が上がるんですね。

なので、今日みたいなフレーズがスラッと言えて、その通りに店員さんが対応してくれるというのは、すごく旅を楽しくするかどうかを左右しますので、本当にちゃんと覚えて、ぜひ使ってみてください。

 

こちらも是非ご確認下さい!

TOEIC 800点 勉強法 旅行英会話

それでは以上です。

 

「レギュラーラテください」~カフェで注文する英語表現~

shutterstock_343157249

今日のフレーズ

Can I grab a cup of regular latte, please?

「レギュラーラテください」

フレーズの説明

カフェでの注文。Can I haveやgetの代わりにgrabと言っている人が結構います。

grabは「素早くつかむ、握る」という意味なので、「ちょっと1杯手に掴ませてださいますか?」のニュアンスでコーヒーくださいとなるようです。

Update information

ここで、ネイティブに聞いた、カフェで実際に使える表現をご紹介します。

How are you? Have you guys been busy today?  (こんにちは、今日は忙しいですか?)

Do you have any specials today?(今日のお勧めは?)

Is this seat taken? / May I sit here?(この席は誰か居る?)(ここ座ってもいい?)

What time do you close today?(今日は何時に閉店しますか?)

 

message

ここで、【カフェで注文する英語表現】をご紹介します。

I’d like a cafe mocha with three pumps of chocolate.(チョコレート3プッシュ入りでカフェモカお願いします)

I’ll have a soy milk macciato, please. (豆乳入りのモカチーノお願いします)

Could I get a drip coffee please?(ドリップコーヒーお願いします)

 

こちらも役立つフレーズが満載です。是非ご確認ください

TOEICで旅行英会話

それでは以上です。

「女の子がコーヒーを飲んでいる」

 

今日はTOEICのpart1の写真描写問題でよく出てくる、

けれどもとてもシンプルで、意外と英語にすると難しい

フレーズをご紹介したいと思います。

 

今日のゴールは、二人の女の子がテーブルでコーヒーを飲んでいる

と英語で言えるようにしたいと思います。

 

それでは一番最初にフレーズです。

 

今日のフレーズ

“girls are having coffee”(女の子たちがコーヒーを飲んでいる)

 

フレーズの説明

これに最初にtwoをつけるとtwo girlsという主語になり、

女の子二人がという意味になります。

またテーブル席でというのはat the tableになります。

 

今日のゴール文です。

 

今日の応用文

“Two girls are having coffee at the table.”

(二人の女の子がテーブル席でコーヒーを飲んでいる)

 

またcoffeeなんですが、音がcopyと似てるので

TOEICではよく引っ掛け問題として出ますので是非注意して下さい。

 

それでは今日のフレーズを3回口に出してみたり、

3回紙に書き出してみたり、また寝る前にこの動画でチェックして

記憶の定着をしてみてください。

 

また寝る前に動画で私に会いに来てくださいね。

こちらもぜひご確認ください!

TOEICリスニングの勉強方法

 

それでは、以上です。

「コーヒーか紅茶をもっといかがですか?」

 

今日はTOEICのpart2に役立つ表現をご紹介します。

 

今日のフレーズ

“Would you like more~?”(~をもう少しいかがですか?)

 

フレーズの説明

よく出てくるのは、お店でのウエイター、ウエイトレスとのやり取りですね。彼らがもう少しコーヒー、紅茶いかがですか?って聞いてきてくれている描写の時に何て言うかをおさえたいと思います。このフレーズを使って応用してみましょう。

 

今日の応用文

“Would you like more coffee or tea?”

(コーヒーか紅茶をもっといかがですか?)

 

ここでは温かいコーヒーと紅茶なんですが日本語では冷たい方はアイスコーヒー、アイスティーと言います。でも厳密には英語ではiced coffee、iced teaと言います。日本語っぽく言っても通じますが、ネイティブっぽく話したい場合は今のようにして形容詞形にして使うといいと思います。

 

それでは記憶の定着のために3回ちゃんと紙に書きだすこと声に出すこと、そしてまた寝る前に動画で私に会いに来てください。

こちらもぜひご確認ください!

TOEICリスニングの勉強方法

それでは、以上です。