「実現可能生の調査」

今日はTOEICと外資の人たちが好きそうな単語を

ちりばめた文章をご紹介します。

 

今日はどんなシチュエーションかというと、

あなたは会社の役員で部下からある提案、

こういう企画はどうでしょうという風にを受けたとします。

 

それが良さそうに聞こえるんだけれど、

本当に妥当なのかどうか、本当にワークするのか

どうかの確認をするために調査をしてみよう

というちょっとハイレベルな話です。

 

これ難しいけれどどうかなあ、part7とかに出てきそうな感じがします。

 

それでは今日のフレーズいっていましょう。

 

今日のフレーズ

“feasibility”(実現可能性)

 

フレーズの説明

本当に外資にいると上司から

それってfeasibilityはどうなの?

feasibilityは確認した?

feasibilityは高いのかなあ?

って連発しまくるんですね。

 

私が入った時にfeasibilityって何だろうって調べたら

実現可能性ということで、おお~という風に思いました。

 

もちろん外資が好きということは

TOEICも大好きで良く出てくるので

これを使って応用文を覚えましょう。

 

今日の応用文

“A feasibility study will test whether the proposal is sound”

(実現可能性の調査はその提案が妥当かどうかのテストをする)

 

主部はa feasibility studyまでです。

実現可能性の調査が何をするかって言うと、

will test テストします。

何をテストするかっていうと

whether これは天気のweatherじゃなくて

~かどうかのwhetherです。

the proposal その提案が 、sound ちゃんとしているかですね。

 

この文章つらいですね。

外資で使ってる人って言うのは、ああいつも通りのこと言ってるわ

くらいだと思うんですが、

そういうことを経験していないと

あれもこれもな感じで大変だと思います。

 

そういうものはですね、まず単語を一つ一つ丁寧に解釈しましょう。

で、何度も私の動画を見て頂いて筋トレした後に

何度もシャドーイングして音に慣れたうえで

もう一回日本語見て納得する。

そしてもう一回シャドーイングして、もう一回日本語見て納得する。

 

余裕がある人は少し文法を見て

今言ったみたいにa feasibility studyまでが主部なんだなあとか

そういうことを考えながら

一つの文章をしっかり腹落ちするまで解釈されるといいかな

という風に思います。

こちらもぜひご確認ください!

TOEIC長文の勉強方法

それでは、以上です。

「6月1日に新しい会社のポリシーが導入されます」

今日もTOEICに役立つフレーズなどをご紹介していきます。

今日は外資だとすごく使っていて、わざわざ日本語にどう訳すのかわからないのですが、SOPとか決まりごと、ポリシーなどが○日から有効化されますという「発行日、有効日」を表現できるクローズアップフレーズをご紹介します。

今日のフレーズ

Effective June 1(6月1日に有効になる)

今日の応用文

“Effective June 1, a new company policy will be introduced.”

(6月1日に新しい会社のポリシーが導入されます)

introduce = 導入する で、この文章では introduced と受け身なので、導入されるという意味になります。

外資の中でこれを読めないと厳しいなぁと思うんですが、「全社的にコレが変わります」という様なお知らせがメールでポンときたりするんですね。

これを読んでいつからどうなるというのが読めないと、今までOKだったものがこれからポリシーが厳しくなってダメになるかもしれないし、それが読めなくて今まで通りやっていたら違反してしまうこともあるかもしれないのでそこはしっかり読み取れる様に Effective June 1 と introduced をしっかり覚えていただければと思います。

こちらもぜひご確認ください!

TOEIC長文の勉強方法

それでは、以上です。

「クライアントとの関係をより良くしたい」

 

今日は会社勤めの方とかが主に使うかなというTOEICのフレーズなどなどです。

 

例えば、交際費とかそういうのを会社で申請するときって

理由が必要だと思うんですよ。

理由とか参加書とか。

昔は湯水のごとく使っていたみたいですが、今はやっぱりね。

その時に私は外資なんですが、英語で書かなきゃいけなかったりする時ってあるんですね。

そんな時に役立つかなと思います。

 

例えばあなたがクライアントと食事をしたいと。

理由を書くためにクライアントと良好な関係を築くためだ、

みたいなことを言うのに今日のフレーズが使えます。

 

今日のフレーズ

“foster a relationship with~”(~との関係を発展、向上させる)

 

フレーズの説明

日本語だとフォスターって言いますね。

フォスター・チャイルド・プログラムとかってたぶんあったと思います。

お子さんとの関係を良くする、どっかに寄付するやつだったと思いますが。

 

何か人間関係的なものを発展させるっていうのはfosterって言います。

で、relationship with~で ~との関係を、ですね。難しいです。これやってみましょう。

 

それでは、応用してみましょう。

 

今日の応用文

“We’d like to foster better relations with our clients.”

(顧客との関係をよりよくしたい)

です。

 

舌噛みそうですね。

foster relationsの間にbetterが入っています。

これで関係をより一層良くするっていう意味になります。

関係をよりよくするためにfosterしたいということですね。

 

このwithの前置詞、これを忘れないで使っていただければ。

大体relationshipって関係性なので誰かと必ずじゃないですか、

そうすると誰かとwithが来るのが当然かなと思うので、

この前置詞忘れないようにしてください。

 

私の生徒さんとかでもシャドーイングとかしてると引っかかるのが

大体前置詞って最初に言うんですよね。

なので前置詞はこういう風にちょこちょこ覚えていくと、

いざシャドーイングする時やスピーキングする時にぱっと出て

一つこう壁を下げるのに役立つので是非やってみてください。

 

前置詞ちょー大事。

それよりも大事なのは発音の筋肉ですね。

是非やってみましょう。

こちらもぜひご確認ください!

TOEIC長文の勉強方法

それでは、以上です。

「払い戻しは下記規定に従ってください」

今日もTOEICに役立つフレーズをお届けしますが、今日はちょっと発音が難しいので発音をしっかり覚えることも約束していただきたいなぁと思います。

今日のクローズアップフレーズ

receive one’s reimbursement(払い戻しを受ける)

reimbursementっていうのが払い戻しっていう意味なんですけれども、めっちゃ読みづらいのでreimbursementの最初のreだけ外して、reとimbursementっていうのをまず頭に入れてくっつけると言いやすくなるのでやってみてください。

会社にいると会社の代わりにいろいろ立て替えることがあると思います。定期代とかの交通費、飲食費、接待費とかいろいろあると思うんですが、それをどうやって払い戻しを受けるかっていうのを英語で説明してみましょう。

応用文

Follow the policy below to receive your reimbursement.

(払い戻しは下記規定に従ってください)

followというのは追従する、くっついていく、従うという意味で、policyというのは規定ですね。規定に従ってみていただいてreimbursement、払い戻しをreceiveしてくださいという意味になってます。

Policyというのは日本だと個人的なこと、「私のポリシーはこれです」とかって言うことに使いがちですが、企業とか政府とかそういうものにもpolicy、要は規定、考え方とか方針に使えますので、自分の思っているイメージよりもpolicyのイメージを広げていただければという風に思います。

今日のは長い文章なんですけれどもすごく大事なので、ぜひ何回も繰り返して、動画で寝る前にも私に会いに来ていただいてぜひ覚えてください。

こちらもぜひご確認ください!

TOEICリスニングの勉強方法

それでは以上です!

「会社は日本とアメリカの人員を削減した」

今日もTOEICのPart6に役立つフレーズをご紹介します。

今日のクローズアップフレーズ

downsize the workforce(人員を削減する)

”workforce”が、働く+力で要するに頭数、全従業員数ですね。

”downsize”が、sizeをdownするので、減らす、縮小するという意味になります。

なんかちょっと悲しい話ですけれども、これを使って応用してみましょう。

今日の応用文

The company downsized the workforce in Japan and the US.

(会社は日本とアメリカで労働人員の削減を行った) 

悲しい話ですけれども、グローバル化が進めば、それだけ効率化が進むという事で、今まで各国にいた人が要らなくなったりする事もあって、私のいる会社もそうですが、グローバル単位で人員削減、整理が行われたりして、こういう表現は良く聞かれると思います。

TOIECだけじゃなくても、社内メールで送られてきてカクカクシカジカで人員削減される事になりました、と言われたりもします。

そういうときに今日みたいなフレーズが使われますので、是非そんなときに備えて覚えてみてください。

こちらもぜひご確認ください!

TOEIC文法の勉強方法

それでは今日は以上です。

 

「日本最大手メーカーが合併計画を発表」

今日はTOEICのパート4に役立つフレーズをご紹介します。

今日のフレーズ

merge with〜(〜と合併する)

応用文

Japan’s largest maker of foods announced plans to merge with Robert’s Foods.

(日本最大の食品メーカーがロバートフードと合併する計画を発表した)

敢えて”Robert’s Foods”と入れたのは、TOEICって結構固有名詞を会社の名前につけて混乱させることが多いので、 Robertなどの名前が出てきても会社の名前なんだなぁと流していただければと思います。

“merge with”がちゃんと文章の中に入って、合併するのがどこなのかというのに説明文が入っていて、今回の場合みたいに日本最大手の食品メーカー(Japan’s largest maker of foods)が入っています。

この主語がどんなメーカーなのかというのはTOEICの問題によって、服の会社であったり車の会社であったりするので、そこは経験を積んで覚えていただければと思います。

こちらもぜひご確認ください!
TOEICリスニングの勉強方法

それでは以上です!

「AB社に対して訴訟申請を行った」

https://www.youtube.com/watch?v=SNOdUfXYcis&index=535

 

今日はちょっと物騒な内容なんですけど、

TOEICのpart7の色々なニュースを扱っているパートで時々出てくる、

しかも知っていないと分からないフレーズをご紹介したいと思います。

 

今日のゴールは、

AB社に対してC社が訴訟申請を行った

といえるようになりたいと思います。

 

今日のフレーズ

“file a lawsuit”(訴訟申請を行う)

 

フレーズの説明

誰に対して訴訟申請するかをくっつけるために、againstをくっつけます。

今回はAB社に対してC社を相手取って訴訟申請を行うとのことなのでこうなります。

 

今日の応用文

“AB Company will file a lawsuit against C Company.”

(AB社に対してC社が訴訟申請を行う)

となります。

 

これは絶対知っていないと、読んでいてもわからない内容ですので、

今、3回声に出したり、3回書き出したり、

寝る前に記憶に定着させるためにもう一度確認いただければと思います。

 

また寝る前には是非私に会いに来てくださいね。

こちらもぜひご確認ください!

TOEIC長文の勉強方法

それでは、以上です。

「ミュンヘンの新しい支店に社員を送る」

 

今日はTOEICのpart5に役立つフレーズをご紹介したいと思います。今日はHQ(=Head Quarters)は社員を送り込むといえるようになりたいと思います。

 

今日のフレーズ

“HQ sends to employees to~(本社が~に社員を送り込む)

これを使って応用文いってみましょう。

 

今日の応用文

“HQ will send several employees to work in new branch in Munich.”

(本社がミュンヘンの新しいし支社に従業員を送り込む)

このMunichなんですが、英語と日本語では発音が非常に違うのでおさえていただければと思います。

海外旅行にもすごく役に立つと思います。

是非3回書き出して、声に出して、そして寝る前にこの動画で再度私に会いに来て復習をして記憶の定着をはかっていただければなと思います。

こちらもぜひご確認ください!

TOEIC文法の勉強方法

それでは、以上です。

「財務部長によると、輸出の増加が会社の利益を増加させた」

今日もTOEICに役立つフレーズをご紹介していきます。

今日のフレーズは実は過去にも何度かご紹介しているんですが、応用文を変えるとまた一味違う感じになって結構重要だなあって再認識するので、今日は今までと違うパターンでご紹介していきます。

今日のフレーズ

according to~(~によると)

今日の応用文

“According to the finance director, increased exports have boosted the company’s profits.”

(財務部長によると、輸出の増加が会社の利益を増加させた)

have boosted っていうように使っていますが、boostっていうのは日本語でもブースターって言うと思うんですが、上昇させる、後押しするみたいなことなので、

今回はその輸出の数字が上がったことによって会社全体の利益がが~っと上がったっていうようになります。

つまりaccording toが文頭にありますが、後半の部分かなり乙な感じになってますので是非覚えてください。

こういう風にあのincreased exportsっていう無生物主語ですよね。生き物じゃないやつが主語になって文章を作ってるっていうのはすごく英語独特なところなので、無生物主語っていうのはもう忘れちゃっていいので、こういう使い方があるんだなっていうのは是非覚えてください。

こちらもぜひご確認ください!

TOEIC文法の勉強方法

それでは、以上です。