「何ですか」

TOEICだけでなく日本人ビジネスパーソンがやりがちなビジネスヒヤリハットを順番にご紹介していくコーナーです。

今日はですね、すごく簡単なんですけどとっさの一言としてすごく大事です。

結構これで相手に「ん?」って思われている人を結構何人も見てきています。

これはちょっと笑えない場合もあるのでしっかり抑えてほしいなというのが今日ご紹介する内容です。

例えば何かをネイティブのお客様、同僚と話しているときや聞き取れなかった時とか、とにかく話が詰まってしまって「何でしょうか?」ってもう1回聞くときありますよね。

その時に日本人って思わず

”What?”(×)

って聞いちゃう人がいるんですね。「何?」みたいな。

でも”What?”って言うのって、結構仲の良い友達が「なんっつった?いま?」という感じです。

ビジネスシーンではよっぽど仲が良くない限りは使わないほうがいいですね。

なのでビジネスシーンになったらスイッチを入れ替えてもう一回聞きたいとき、聞き取れなかった時は、

Sorry?/Pardon?“(○)

という風に聞くようにしてみてください。

なんかドラマとかでも”What?”って言っているので、そのままで言ってしまうと本当に結構失礼で不躾な感じがするので注意してください。

こういう細かいくだらないところで相手の印象を悪くするは本当にもったいないので、この回は簡単だけれどもとっさに出るかどうかが大事!ですので、何度も繰り返してやってみてください。

 

こちらも是非ご確認下さい!

TOEIC 800点 勉強法 日常英会話

それでは以上です。

 

 

「こちらは山田さんです」

今日は、TOEICのハイスコアだけでなく、ビジネスシーンで日本人がやりがちなヒヤリハットをご紹介していっています。

今日は結構細かいことです。人によっては全然気にしないかもしれないけれど、気にした方がいいかな、と思うもので、例えば、あなたがネイティブとパーティーや初対面の会議などがあった時に「山田さん」という同僚か上司と一緒に行ったとします。

で、あなたがネイティブに紹介しなければいけない時に、どういうふうに言うかというと、

◯:This is Mr.Yamada.

もしくは

◯:This is Ms.Yamada.

と言います。

え!?そんなの知ってるよ、思うかもしれないんですけれども、とっさに言うとやはり間違えてしまうというか不自然な感じになるのが、隣にいる人なのに

X:He is Mr.Yamada.

とか、

X:She is Ms.Yamada.

みたいな感じで、”He”とか”She”で紹介してしまう人が時々います。

ただ、やはり自然な感じは、隣にいる人を紹介するときは、

◯:This is Mr.Yamada.

というふうに言うのが自然です。

もし、パーティーなどがあり、話をしていて「山田さんて誰?」と聞かれて、「あそこにいるのが山田さんだよ」というときは、”He is Mr.Yamada.”というのはOKです。

そういう違い、距離感の違いがあるので、ぜひ使い分けてみてください。

こういうところを自然にすることによってとてもスマートなビジネスパーソンに見られると思うので、ぜひやってみましょう。

こちらも是非ご確認下さい!

TOEIC 800点 勉強法 日常英会話

それでは以上です。

「(あなたのやり方)あってるよ、いい線いってるよ」~相手の状況を奨励する英語表現~

shutterstock_139406252

今日のフレーズ

You are on the right track.
「(あなたのやり方)あってるよ、いい線いってるよ」

フレーズの説明

仕事のプランが目的にあっているか順調に進んでいるかを確認してもらった時の一言です。よく使われている言葉で自分も言われたとき聞いたことあるなーと思いました。

trackは「(人や動物が)通った後、道」という意味が元の意味です。これだけでも、上記の文から正しい道を言っているという感覚は伝わってきますが、私は競技場のトラック(走るところ)が思い浮かびました。

自分の決められたレーン上にいる
   ↓
正しい道を行く
   ↓
軌道に乗っている、と想像しました。

Update information

ここで、ネイティブに聞いた上記のフレーズの実際に使える言い替え表現をご紹介します。

~相手の状況を奨励する時に使える表現の言い替え~

You’ve almost got it.(もうほとんどできてるよ)

You’re close.(あと少しだよ)

You’re almost there.(あと少しだよ)

 

message

ここで、【相手の状況を奨励する英語表現】をご紹介します。

Looking good!(いい感じだね)

Keep up the good work. (この調子でいこう)

他にも、『こんな感じでいいでしょうか?』と聞く場合はこのような表現になります。

Does this look like a good start?(こんな感じで始めてるんですけどいいですか?)

Is this the best way to start?(こういう始め方でいいでしょうか?)

Can you tell me if I’m headed in the right direction?(こんな感じで方向性合ってますか?)

こちらも役立つフレーズが満載です。是非ご確認ください

TOEICで旅行英会話

それでは以上です。

「私のところに会いに来て」~誰かにちょっと寄ってという英語表現~

shutterstock_350837618

今日のフレーズ

Please come and see me.

「私のところに会いに来て」

フレーズの説明

「私のところに会いに来て」という表現。先生が生徒を呼び出すときに使っていました。

I’ll go and get one.「取りに行ってくる」と同じような感覚で、2つの動作が組み合わさって1連の動きを表現しています。日本語も同じようにいうことが多いのでしっくりきましたし、面白いなとおもいました。

【Update information】

ここで、ネイティブに聞いた”会いに来て”というときに実際に使える表現をご紹介します。

 Pay me a visit anytime.  (いつでもいいから私に会いに来て)

Stop by when you are done.(終わったら私のところに寄って)

Check in with me before you leave.(帰る前に私のところに寄って)

 

こちらも役立つフレーズが満載です。是非ご確認ください

TOEICで旅行英会話

それでは以上です。