「よくやってくれたね。ありがとう。」

今日もTOEICだけでなく、日本人のビジネスパーソンのやりがちなヒヤリハットを潰していく企画です。

今日は、上司、もしくは部下をお持ちのチームリーダーの皆様方が、部下を鼓舞する時に、やらないほうがいいかな、というやつをご紹介します。

やっぱりあるんですよね、言葉のニュアンスの違いって。

で、あなたが上司、もしくはチームリーダーで、下にいる人たち、自分の下についている人たちに、「よくやったね」「いい仕事をして、よくやったね」って褒める時なんですけれども、日本人で、なんでこれが出てくるのかわからないんですけれど、ちらほらいるのが、

X:”Thank you. It’s so kind of you.”

っていう方がいらっしゃるんです。

要は、「よくやってくれてありがとう」ということを辞書とか、ネットで検索すると、”Thank you. It’s so kind of you.”(X)ってでてくると思うんですよ。

でも、”Thank you. It’s so kind of you.”(X)っていうのは、してくれたことに対して「ありがとう」っていうやつですよね。

例えば、席を譲ってくれた、雨が降ってきたから紙袋にビニール袋をかぶせてくれた、傘を貸してくれた、レストランに行ったら、ちょっとサービスしてくれた、そういう時に”Thank you, It’s very kind of you.”って言うんですね。

だけど、それも日本語ていうと「ありがとうございます」、サービスに対して、「ありがとう、よくやってくれましたね」って意味になるんですけれど、何かを達成した部下に対していう時にはそういう表現は使わないです。

そういう時には、

◯:”Thank you. You’ve (You have) done a great job.

と言います。

つまり、「よくやってくれたね。ありがとう」っていう褒め言葉、感謝、であったとしても、レストランの店員さんに言うことと部下に言うことはこれだけ違うということです。

なので、辞書を調べたり、ネットで検索すると、どうしても似たような感じで出てきてしまうことがあると思うんですけれど、全然違うので、ぜひ覚えて気をつけてください。

特にあなたが上司で、部下が英語スピーカーの人の場合に、”Thank you. It’s very kind of you.”(X)って言ったら、気持ち悪がられますので、ぜひ気をつけていただければと。

“Bossy”(形容詞:威張り散らす)になるのは良くないけど、威厳はある程度必要なので、今日のフレーズをぜひ覚えてください。

 

こちらも是非ご確認下さい!

TOEIC 800点 勉強法 日常英会話

それでは以上です。

 

 

「素敵ですね」

今日も日本人ビジネスパーソンがやりがちなヒヤリハットを潰していく企画を、続々とやっているわけですけれども、今日は簡単そうに見えて結構墓穴を掘る。特に相手が女性だとこれは嫌われるかもしれないという内容をご紹介します。

例えばビジネスシーンで相手の服をほめたりするっていうのは一般的にご法度なので、あまりしないことです。

ただある程度仲良くなってきて、例えば外国からいらっしゃったお客様があなたのセミナーで話しをするとかそういう表舞台に送り出すときとかって、相手もばっちりとスーツとかを着てきたりするとか思うんですね。

そんなときに素敵ですねっていうのは、ビジネスシーンだとしてもぎりぎりOKなんじゃないかと。

そんなときに日本人がやってしまって、しかも墓穴を掘りがちなまずいのがあるんですよ。

”You look fine.”(×)

って言っちゃうんです。日本人って。

なんでかっていうと、一番最初に習う英会話で、”How are you today?”と聞かれたら、”I’m fine.”と返すというじゃないですか。

なんか”fine”っていう栄養ドリンクみたいなのありますよね。

だから日本人って”fine”っていう単語に対して非常にいい意味を持っているんですよ。

”fine”っていうのはとてもいいことだと。

だけど”I’m fine thank you.”っていうときは、「まーまー、元気ですよ」って言っているんだけれども。

”fine”っていうのを普通使うときには、「まー、可でもなく不可でもなく」とか「まったく問題ないよ」っていうときに”fine”を使うんですね。

例えば「私ちょっと太ったかな?」って聞いたら、「全然、大丈夫だよ。(太ってない、太ってない)」(You look fine!)と。

「やせてるよ!」とは言っていないですよね?「太っていない」とは言っていますけど。このような感覚で使うのが”fine”なんですよ。

「だからあなた今、とっても素敵ですね。あなたこれから頑張って壇上でしゃべってくださいね。」という意味で、”You look fine!”って言ったら、「まーまーですよ。」って言ってるみたいなもので、あまりよろしくないと。

なのでそういう時はちゃんと

You are great/amazing.”(○)

という風に”great/amazing”という単語を使うようにして頂いて、くれぐれも”fine”は使わないように。

日本人は”fine”に対してポジティブなイメージを持ちすぎなので、そこはご留意頂ければという風に思います。

 

こちらも是非ご確認下さい!

TOEIC 800点 勉強法 日常英会話

それでは以上です。

「これは素晴らしい出来だよ!」~相手の仕事などをほめる英語表現~

shutterstock_158050682

今日のフレーズ

It’s really outstanding work!
「これは素晴らしい出来だよ!」

フレーズの説明

課題のエッセイを褒められた時の一言です。outstandingは「重要な、顕著な」または「未解決の」という意味があるようですがもともとはout+standで「目立つ、(基準よりも)外へ出ている」という意味になるようですね。課題や仕事の企画案、プランなどを褒めるときに使っています。

また「excellent job!」ともよく使われていますがgoodよりも評価が高い時の表現になると思います。

Update information

ここで、ネイティブに聞いた上記のフレーズの実際に使える言い替え表現をご紹介します。

~相手の仕事などをほめる表現の言い替え~

You did really well! (本当によくやったよ)

You should be proud, this is good!  (誇りを持つべきだよ、とってもいいよ)

She did an excellent job. (素晴らしい仕事をしたよ)

色々なバリエーションを使えるようにしておくといいですよね。

 

message

ここで、上記以外で【相手の仕事などをほめる英語表現】をご紹介します。

This is great.(これはすばらしいね)

I can tell you spent time on this.(これは時間をかけたことがみてとれる素晴らしい出来だ)

It’s clear you thought of everything.(あなたが全て考え抜いたことがよくわかる)

 

こちらも役立つフレーズが満載です。是非ご確認ください

TOEICで旅行英会話

それでは以上です。

「(あなたのやり方)あってるよ、いい線いってるよ」~相手の状況を奨励する英語表現~

shutterstock_139406252

今日のフレーズ

You are on the right track.
「(あなたのやり方)あってるよ、いい線いってるよ」

フレーズの説明

仕事のプランが目的にあっているか順調に進んでいるかを確認してもらった時の一言です。よく使われている言葉で自分も言われたとき聞いたことあるなーと思いました。

trackは「(人や動物が)通った後、道」という意味が元の意味です。これだけでも、上記の文から正しい道を言っているという感覚は伝わってきますが、私は競技場のトラック(走るところ)が思い浮かびました。

自分の決められたレーン上にいる
   ↓
正しい道を行く
   ↓
軌道に乗っている、と想像しました。

Update information

ここで、ネイティブに聞いた上記のフレーズの実際に使える言い替え表現をご紹介します。

~相手の状況を奨励する時に使える表現の言い替え~

You’ve almost got it.(もうほとんどできてるよ)

You’re close.(あと少しだよ)

You’re almost there.(あと少しだよ)

 

message

ここで、【相手の状況を奨励する英語表現】をご紹介します。

Looking good!(いい感じだね)

Keep up the good work. (この調子でいこう)

他にも、『こんな感じでいいでしょうか?』と聞く場合はこのような表現になります。

Does this look like a good start?(こんな感じで始めてるんですけどいいですか?)

Is this the best way to start?(こういう始め方でいいでしょうか?)

Can you tell me if I’m headed in the right direction?(こんな感じで方向性合ってますか?)

こちらも役立つフレーズが満載です。是非ご確認ください

TOEICで旅行英会話

それでは以上です。

「あなたはすごく先を行ってるね(優秀ね)、私は後れているよ」

dreamstime_xl_28158842


You are so advenced! I'm behind…
「あなたはすごく先を行ってるね(優秀ね)、私は後れているよ」

学校の課題の進み具合を学生同士で話しているときの会話です。advencedは「進歩的な、上級の」という意味があり、ここでは基準や平均より前に出ていることを表しています。behindも同じで、基準や平均より後ろ側にいるという意味です。イメージはしやすいですが、こんな風に使うことを知りませんでした。そして、you are behind of the curveで「流用に疎い、後れている」という風にも使うことを知りました。さらに、人の後ろを通るとき、「後ろ通るよー」という声かけも、こっちでは「behind~」と言います。behindってとても便利な言葉ですね!

あと、ネイティブ表現というのかはわかりませんが、今日授業で、perfectionism(完璧主義)についてのレクチャーを聞いたのですが、その中で「自分と比べて周りの方が勝っていると思いがち→だからもっと自分に厳しくなる」というような内容の時に、「other grass is greener」というたとえが出てきて、日本の「隣の芝は青く見える」と一緒だーと思いました!どっちが先かわかりませんが、もっとたくさんこういう表現がありそうだなと思いました。