「うめぼしは食べられますか」

今日はTOEICだけでなく日本人がやりがちなビジネスヒヤリハット英語をご紹介していきます。

今日は本当にもう何千回とみてきたヒヤリハットなんですけど、例えば外国から来た方、同僚であれ、お客様であれですね。

夕食とかランチとかすると思うんですけど、必ず食べ物大丈夫か?って話になると思うんです。

すごく簡単なところで行くと、日本人が食べるけれどもほかの国の人は食べないのありますよね。

例えば生魚、刺身大丈夫ですか?寿司大丈夫ですか?梅干し大丈夫ですか?納豆大丈夫ですか?鰹節大丈夫ですか?とか、そういうのあるじゃないですか。

その時に日本人がやってしまう、ほぼやってしまっているんですけど、それって”Can you eat Umeboshi?”(×)という風に聞いています。

”Can you ~?”ですよね。”Can you ~?”って聞くのって、それが実施可能か不可能かっていうことを聞いています。

わかりやすくすごく大げさに言うと、「あなたは箸を使って、梅干しをつかんで、口に運ぶという能力がありますか?」って言う風に聞いている意味になってしまうんですね。

でも聞きたいのはそうじゃないですよね。

食べ物として梅干しが好きか嫌いかを聞いているので、英語で正しく聞く場合は、

Do you like to eat Umeboshi?”(○)

という風に聞きます。

何十回も練習して、とっさにぱっと出るくらいにしておかないと、また”Can you eat Umeboshi?”(梅干しを食べる能力を持っていますか?)っていう意味になってしまうので是非ご注意ください。

梅干し以外、納豆とかですかね。

多分これは本当にみんな嫌がるので、是非、”Do you lilke to eat Umeboshi?”と聞いてみてください。

 

こちらも是非ご確認下さい!

TOEIC 800点 勉強法 日常英会話

それでは以上です。

「なんでここにきたの?」~ここにいる理由を尋ねる英語表現~

shutterstock_304909991

今日のフレーズ

What brings you here? 

「なんでここにきたの?」

フレーズの説明

これはとても便利な言葉で、授業で先生に教えてもらいました。

例えばWhat brings you to Australia?で「なんでオーストラリアに来たの?」、病院でWhat brings you here today?で「今日はどうされました?」という意味になります。おおもとの意味は「何があなたをここに連れてきたのですか?」ということのようで、上記のようにさまざまな場面で使えるそうです。

Update information

ここで、ネイティブに聞いた上記以外の実際に使える表現をご紹介します。

What are you doing here?(ここで何しているの?)

Why are you here? (なんでここにいるの?)

Fancy seeing you here?(こんなところで会うとは奇遇ですね)

Nice of you to show up. (ここに来てくれてうれしいよ)

色々なバリエーションを使えるようになるといいですね。

 

こちらも役立つフレーズが満載です。是非ご確認ください

TOEICで旅行英会話

それでは以上です。