英語の発音のためにライオンキングを歌いました~大地から湧いてくるイメージでの発声~

shutterstock_180605561

 

昨日のLINE@とかFacebookでは書いたんですが、
発音セミナーの時にどうしても声が小さい方がいらしたんですね。

まあ、普段日本語で話していると仕方ないわけです。

Peterも言ってましたが、サインフェルドの造語の"Low Talker"は
アメリカ人ではほとんど皆無だけど、日本人はほとんど"Low Talker"だそうです。

(Low Talker =声がめっちゃ小さい人)

「(日本人と話した時)最初自分の耳が悪くなったのかと思った」
って言ってました。まあ、場末のガヤガヤ居酒屋でも聞こえるくらいの声じゃないと
英語はちょっと難しいかもしれないですね。

でも、口で「声を大きくしてください」と言っても、
まあそんなに出るもんじゃないんですよね。

なので仕方なくライオンキングの「サークルオブライフ」の
出ばやしの部分を歌いましたよ・・・・・。

イヤーーツエンヤービジッブバボー

の所です・・・・涙。

私は声を出す時、大地から湧いてくる感じがするので
あの出ばやしとすごくイメージが合うんです。

で、セミナー中に3-4回くらいサークルオブライフしたんですが、
途中からPeterが全く笑わなくなったのが怖かったです。

総じて体格の問題もありますが、
日本人はほとんど肺を使わないで話すので

階段を駆け上がったりとか、よく歩いたりとか
肺活をすることは大事です。

あとはひたすら練習ですね。

あと、自分の発音がジャイアンしてないか?
聞き取ってNativeとの違いを判断する能力も大事です。

これも慣れ。

限りなくNativeと同じ発音にするとなると
生まれ持った才能とか8歳までの経験が大事です。

でも、どの要素を取っても発音は努力で必ず向上します。

努力が報われるなんて、こんな美味しいことないですよね、今の時代。

なので、ぜひみなさんにやっていただきたいです。

(というかお願いだからセミナーとかいらっしゃる前に取り組んでおいてください・・・発音を直し出すとセミナー本編に入れないので

ホッタイモイジルナ?! ~発音力UP=モチベーションUP~ 中学英語でもオッケー

shutterstock_398028682

昨日はPeterと大阪に乗り込みまして、
発音コンプリートコースで日報をある程度出した方向けの
特典(無料)セミナーを開催してきました。

大阪が暑すぎて熱中症気味になり、
アイスを失敬しながらのセミナーでしたが(本当にすいません)

とりあえず東京と大阪で1回ずつ開催しましたので、
また2ヶ月後にやりたいなーと思っています。

今回のセミナーでわかったこと。それは、

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
発音を良くしていくとめちゃめちゃモチベーションが上がる
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ということです。

東京も大阪も、最初は「これはどうなっちゃうんだろう・・・」って感じでしたが、
セミナーが進むにつれて皆さん物凄く発音よくなってくるんですよ。

そもそもこのセミナーに参加する方は、
2カ月しっかり練習されているので、
ゼロベースの発音セミナーの時よりは全然楽に伸びるんです。

それでも私とPeterから見ると、「その音は違う!」というのが
いろいろ出てくるので、セミナーで直接お伝えするとグーーン!と良くなるんですね。

でね、英語のモチベーションって「うわ!通じたわ!!」
だと思うんですが、それを一番早く実現させてくれるのは
絶対に発音なんですよ。

TOEICで700点取ろうが、文法を完璧にこなそうが、
単語を3000個覚えようが、英語は発音がダメだと通じません。

むしろ中学英語でも発音をしっかり捉えれば
絶対に通じるんですよ。

そこでやっと英語勉強のスタート地点です。

なので、

▼ 英語のモチベーションが続かない

▼ 勉強しても英語が全然通じない

という人は、絶対に発音からやりましょう。

しかも私は留学なしで独学で英語の発音を磨いたので
そのコツは誰よりも知っているつもりです。

毎日朝昼しっかりトレーニングして、
2ヶ月後にセミナーでお会いしましょう!

Yuki式発音コンプリートコース
http://deepknowledge.lolipop.jp/cs/223/

いや、本当に発音は大事。

What time is it now?が「ホッタイモイジルナ」で通じるのは有名な話ですが、
昨日のセミナーで出てきた"Hold your tongue."(黙っとけ)も「ホジョター」で通じてましたから。

発音は本当に大事です。

で、私が必ず言うのは「英語はリズムが大事!」なのですが
リズム以前にあまりに口の筋肉がないと、リズムもへったくれもありませんので、

とにかくこのコースを先にやって、筋トレしてみてくださいね。

Yuki式発音コンプリートコース
http://deepknowledge.lolipop.jp/cs/223/

■ 朝には「Nativeの口の動き動画

■ 夕方にはYukiからの発音のコツと激励音声

が届きます。

明日くらいから始めないと、次開催の特典セミナーに間に合いませんので
お早めにお願いします。

昨日までのセミナー感想を一部お送りします。

W・Nさん(女性)

2ヶ月間のトレーニングを終える頃、色庵な音が聞き取れるようになっていたと思います(小さな音も)。
いつの間にか、という感じだったので自分でも驚きました。
楽しく勉強できる(楽しめるようになれたこと)が嬉しいです。

N・Tさん(男性)

毎日同じ時間にメールが届き、ネイティヴの口の動きが見られるのが良い。
また夕方にYukiさんの音声も届くので見張られている気がして勉強につながる。
(モチベーションの維持)

M・Yさん(女性)

毎日少しづつやっていくというのがいいです。
Nativeの動画プラスYukiさんの音声の組み合わせがとてもいい。
Nativeの動画だけではわかりにくかったと思います。

発音コンプリートコース1万円は本当にお得です。

T・Mさん(女性)

毎日続けるとセミナーに参加できると思って頑張りました!
途中忙しくて続けるのが難しい時期がありましたが
それでも絶対やりきると思って課題を提出しました。
少しずつ口を動かすことでNativeの音に近づきたいと思える内容でした。
特典がやる気につながりました!

<【Yuki式英会話勉強法】について>

本教材を2年ぶりに大幅改訂しました。

・ 会員サイトのpassword変えました
・ PDFの内容を大幅に変え、「英語の勉強で人生勝ち組になる方法」などを追加しました。
・ 本教材の解説動画を大量に投下しました。
・ Knee Tapに関して、Peterのリアル音声も投下しました。

既に購入されている方は(ただし返金請求した人は除く)
会員サイトでぜひアップデートをご確認ください。

(先ほど会員の皆様にはメールでご連絡いたしました)

 

英語の発音を良くするには?脱ジャイアンと酸欠?!

shutterstock_230646754

Amazonプライムにいつの間にか入ってたのに、
いろんな動画とか観られることに昨日気がつきました。

でも映画とかドラマとか、ほとんど吹き替えだから
あんまり面白くないんですけどねー。時間を投資してみるなら、英語覚えたいですもの。

とか言いつつ吹き替え版で「怪盗グルーの月泥棒」を見てしまいました。
この映画めっちゃ面白いんですよね。

さて、日曜の「発音セミナー(上級編)」ですが、
結構いい内容だったなーと我ながら思います。

62日間の発音コンプリートコースを終えて
54日以上日報提出してくださった方を無料でご招待しています。

ちなみに発音コンプリートコースはこちら
http://deepknowledge.lolipop.jp/cs/223/

普段はあの手この手でセミナーを楽しくする私ですが、
この日はもう一切おもしろ要素なし。

ヤバそうな発音記号を20個くらい引っ張ってきて
ひたすら

単語の発音練習→文章レベルでリズムを体得→Peterに通じるか判定してもらう

というのをやり続けました。

最後の頃はみんなグロッキー。
私もかなり疲れました・・・・・・・。

最初はどうなるかなーって思ったし
「本当に2ヶ月ちゃんとやった?」って思ったんですが

ずっとひたすら発音ばかり直していくと
ある種集団トランス状態みたいになって、最後には
みんなすごいいい発音になっていました。

Peter親指上げっぱなしでしたからネーーー。

実は【Yuki式発音コンプリートコース】って
リリースした時には実験的要素がありました。

普通発音を直すのって対面でやる感じですが、
それを動画と音声を毎日配信するだけでできるのか?

です。

無料で集まってもらっているのは
それを確認するためでもあったんですよねー。

でも、ほんと全員いい感じになったので、
これはいける!と確信を持つことができました。

あとね、この特典セミナーのいいところは
他の人が発音を直されているのを確認できるのがいいんですよ。

セミナーでも説明しましたが、英語の発音って

・ 英語の筋肉

・ 脱発音ジャイアン

すれば(おおよそ)できるようになるんです。

セミナーで他の人が発音を直されているのを聞くと、
自分の時より客観的に見えて、意外と役に立つんですよ。

これって別に英語だけじゃないと思うんですけど、
努力してるのにイマイチだなーって感じた場合は
勉強会に行ったりするといいですよ、客観視が入って勉強になりますので。

セミナーの参加された皆さんお疲れ様でした。
これからどれだけ維持できるかが勝負ですので、頑張りましょう!

追伸:
YLSを見ると、5ヶ月でめきめき伸びる人と、
5ヶ月目ではまだもうちょっと!という人がいます。

が、卒業から数ヶ月経つと、急にガーーっとくる人がちらほら出てきました。

やっぱりK点越えって個人差ありますな。
ただ、遅くとも1.5年内には絶対来るという確信に近づいています。

追追伸:
発音ってずっと練習していると
若干酸欠になってトランス状態になります。

古代人が山の上で踊りまくったのと同じような感じ。
「神」が降りてきます。

発音はそこからが勝負です。

頭で考えちゃうと動けなくなるし伸びないので、
トランス状態になると、スルスルスルーーーって行くんですよ!

音楽経験者にみる英語を制する発音

shutterstock_112570745

さて、昨日は転職してきたある男性と話す機会があったんですが
そこでいろいろ考えることがあったのでそれについて書きたいなと思います。

その人は前職でオランダに2年間駐在していたらしいのですが、
オランダ語を学ぶのに挫折したそうです。

オランダ語って彼が言うには結構英語に近いんですって。

で、彼は2-3か月頑張ったんだけど諦めちゃって、
その理由が「発音が出来なかった」って言ってたんです。

おおーーやっぱりそうね!って思いましたよ。

彼は農学修士号とMBAも持っている高学歴な人です。
だから勉強は得意なんだけど、それでも発音で止まっちゃうわけです。

語学って本当に発音が大事ですよね。

先日、国際宝飾展に通訳で参加したと言いましたが、
私のマーケティングの師匠が、中国語の場内アナウンスが流れるたびにそれを真似するんですよ。
(YLSで言う「3秒読み」でした。できる人って勝手にこういうの見つけてやってるんですよね)

で、その真似する発音がほとんど完璧なんです。
さすがだなーって思いました。

師匠は中国語をちょいちょい勉強しているんですが、
とにかく中国語Native先生の口ばかり見てた、って言ってました。

流石すぎる。
多分遅かれ早かれペラペラになると思います。

つまり、Yuki式でも言ってますけれども、
発音を制する人は英語も制するわけです。

で、いろんな人の英語を見てきてこれは完全に言えるんですが、
音楽をやってきた人は、かなり発音を制するスピードが早いです。

楽器、歌、DJ、バンド、なんでもです。

YLS6期にYさんという人がいるんですが、発音はあまり得意じゃなかったんですが、
もともと楽器をやっていらっしゃるので大丈夫だろうなーと思っていたら
やっぱりじわじわ来ています。まだリエゾンとかありますが、
絶対に大丈夫だろうなーと確信しています。

ちなみに私の師匠もずっと吹奏楽部でバンドマン。

音楽というより、音に対する感度が高いんですよね。

ということで、今までに音楽をやってきた人は
ぜひ自信を持って英語発音に取り組んでください。

思いっきりいい感じの発音になって、一気に英語のステージが上がります。

今まで音楽に触れていなかった・・・・という人は
Yuki式発音コンプリートコースで死ぬほど英語頑張ってください。

→ http://deepknowledge.lolipop.jp/cs/223/

 

追伸: YLS OB Yさんが嬉しい感想をくれました。

====================

「不思議な感覚」 週末!家で映画でも観ない?とのことで、

DVDは、Love Actuallyでした。 あぁ、懐かしい! 好きだったなぁ…。 と、

見始めて、少ししたら、発音が気になり始め、そのうち、口の動きまで気にし始めて…。

「ちょっと、なにブツブツ言ってるの?」なんて言われて、勝手にシャドーイングしている始末で。

何度か観たということもあって、スジが入っているからなのでしょうが、

字幕をほとんど観ていない…というよりも、字幕をなるべく見ずに、

耳を傾けようとしている自分がおりました(笑) あぁ、

でも、ちらほらとはいえ、字幕なしで分かるところがあると、 こんなにも映画の楽しみ方が倍増するなんて…。

Yuki先生、ありがとうございます!

===

Yさんも音楽やってた人だし、もともと感受性豊かなので、 こんなに素晴らしい感じになるんですよねー。

 

 

(お悩み相談)「英語の発音がどうしても出来ません!」 


 

今日は読者の方からの質問に回答して
 
シェアしていくという企画です。
 
 
 
今日は
 
【発音がうまくできない】ということについて
 
私なりにアドバイスできることをと思います。
 
 
 
 
これはですね、語ると6時間くらいしゃべれるので
 
この場で簡単に言えることだけ
 
言いたいなと思います。
 
 
 
 
それ以外のことはメルマガなどで書くので
 
登録頂ければ。
 
 
 
 
まずは発音って根本は日本語の音と英語の音が全然違う
 
っていうところから始まるんですね。
 
 
 
つまり
 
日本語をしゃべるときに使う筋肉や肺と使い方と
 
英語をしゃべるときに使うものと違うんですね。
 
 
 
それを無視した状態でやっていたら
 
ぽくならないのは当然なんですね。
 
 
 
とにかく口をよく動かすことと
 
英語をしゃべるときには呼吸量、肺活量を使って
 
しゃべることが大事。
 
 
 
日本語と英語って声の出し方
 
しゃべり方が違うんですね。
 
 
 
発音とかも全然違うじゃないですか。
 
なのでそれなりのしゃべり方を真似しないと
 
絶対できないんですね。
 
 
 
英語の音を聞いて口から出すにしても
 
日本語のしゃべり方でしゃべっていたら
 
ずっとネイティブっぽくなることはありません。
 
ネイティブっぽくしゃべることが大事です。
 
 
 
それにはひたすら英語で使う筋肉を
 
鍛えなきゃいけないんですね。
 
 
私はある人に英語の発音をしっかり練習してると
 
顔が筋肉痛になるよと言われたんですね。
 
目安としては顔が筋肉痛になるくらい
 
しっかりと発音の練習をするといいと思います。
 
 
 
そのためには単語帳などを買ってきて
 
ネイティブの音を聞きながら
 
全く同じ音になるように
 
しっかり筋肉を動かして
 
練習することが大事です。
 
 
 
私もそれ結構やっています。
 
例えば、こんな動画撮影の時には前日に3時間くらい
 
ひたすらネイティブの発音に近づくように
 
筋肉を使って練習しています。
 
 
あとは日常生活でも
 
普通に日本語話していた後にネイティブと話すときは
 
いったん会議室などに入って
 
口をよく動かして、ウオームアップしてから
 
ネイティブと話すようにしています。
 
 
そうじゃないと英語独特の発音
 
たとえばアの音でも色々ありますよね。
 
子音の音もしっかり発音できなくなるので
 
やってます。
 
 
 
今とにかくいえることは
 
ネイティブの発音をしっかり真似できるように
 
口の筋肉を鍛えることです。

 
 結構な練習になると思いますが
 
やっていけば確実に筋肉がつきますので
 
是非やってみてください。
 
 
 
 それでは、以上です。