Y:Hi, guys. ゆきです。

C:Hello. Cameronです。

Y:ということで今日もPart6から出てくるようなものをお話ししていきたいんですけども、今日のクローズアップフレーズがbe underprepared for~です。

be underprepared for~(~の準備不足である)

これで~の準備が不足しているっていう意味になります。

C:Yes.

Y:be underprepared for

C:It’s interestingね。

be prepared forは基本的ですよね。でunderprepared、preparedはまあ適切みたいな感じ。で、underpreparedは足りない。

Y:うん。underだからね。

C:でその逆は、overpreparedはちょっと多すぎるね。

Y:あー。

C:しすぎ。準備しすぎとかね。

 Y:そんなことを使って何かTOEIC的な英語を。

 C:そうね、今日はunderpreparedですよね。TOEICの表現は

At present, however I believe that you are underprepared for the test next week.

I believe that you are underprepared for the test next weekっていうのは準備が、勉強が足りないっていうことね。

 Y:現在のところね。At present, however…うん。

 C:Yes.

できます!うーん本当にできるかなあ、I believe that you’re underprepared勉強しました?毎日勉強しましたか?いやそうじゃないけど大丈夫大丈夫。

I believe however that you’re underprepared for the test next week.

 Y:じゃあこれリアル英語だとどんな感じで使います?

 C:今回のこのビデオのシリーズはよく僕旅行とかの話はしてるんですよね。

で旅行はいつもね、たくさん持って行くか最小限の持って行くかっていうのはいろんな考え方があるんだけども、やっぱり僕の方は、

It is always better to be overprepared than underprepared when packing for a trip.

本当にそう思っちゃうんですよ僕はね。

だからそれ甘いところなんだけども、僕の荷物はいつも多すぎる。

例えばシャツがこれぐらい持っていく。

 Y:あー、想像つく。

 C:で帰って来たら実際はこれしか使わなかった、これ持って行ったけど使わなかった、あーだから荷物がこんなにいつも重いんだって思っちゃうのね。

 Y:私ハワイ行くときとかもう下着1セットとTシャツ1枚しか持って行かないですもん。あともう現地で買えばいいかな、みたいな。

 C:本当?いいね、うらやましい。僕はそれなかなかできないんだ。

 Y:そういう感じ。

 C:I’m always overprepared.

 Y:You’re always overprepared for travels.

 C:Always overprepared for travels. I always take too much.

 Y:ああ。

 C:Yes.

 Y:石油代かかっちゃうから。

 C:そうだね。かかりますね。

 Y:今日じゃあ一応underprepared使いましたけど一応overpreparedも一緒に覚えてください。

そんな感じでI think that’s all for today.

 C:I think that’ll do it, yes.

 Y:So, thanks for watching this video and hope we can see you soon again, bye.

 C:Bye.

こちらもぜひご確認ください!

TOEIC文法の勉強方法

それでは、以上です。