今日はTOEICの高い点数を取ることではなくて、ネイティブがへこんでいるときに慰めてあげられるフレーズを順番にご紹介するシリーズです。

今日はですね、えーと、なんかもうしょうがないじゃんって。しょうがないから頑張ろうっていう表現で「覆水盆に返らず」です。

「覆水盆に返らず」って「ぺろっ」ってお盆から出ちゃったっていう、容器から出てしまった水は戻ってこないでしょっていう表現じゃないですか。

それを英語で言うと別のやつだよって。

今日のフレーズ

“There’s no use crying over spilt milk.”

(こぼれっちゃったミルクに泣いても意味ないじゃん)

ま、日本語で言う覆水盆に返らずなんですけれども。

落ちちゃったからしょうがないんだから、液体なんて地面に落ちたら無理じゃないですか。だから仕方がないからあきらめようって言ってるんですね。

「あきらめようよ」って言って「うん」って言える苦しみ方のステージの人に対してはいいと思うんですけど、結構ぐずぐずしてる人にこれ言っちゃうと結構問題になるので、これは相手を見極めてやる必要があるかな、と思いますが、なんかやっぱりそこら辺って人間力がかかってくるかなという感じですね。

ただ表現しているとなんか伝えることができるので、是非今日のやつも覚えておいてください。

それでは今日はこんな感じで、ネイティブのそんな場面に遭遇したら使ってみましょう。

こちらもぜひご確認ください!

TOEIC文法の勉強方法

それでは以上です。