今日は、契約状況についてです。

会社の人事採用の話をしているという風に考えてください。

 

その中で契約状況に従って新しい新入社員をいれようっていう話をしているっていう前提です。身近に感じないかもしれないですけど、それがTOEICですね。

身近に感じない内容でもバンバン容赦なく出てくるので、身近に感じなくても身近に感じられるまで、是非この動画を見て定着していただければと思います。

 

今日のフレーズ 契約条件

Yuki
terms of the deal

(契約条件)

 

今日の応用文 契約条件に従って、500名の新しいスタッフが雇用されるだろう

Yuki
“Under the terms of the deal, 500 new staff will be hired.”

(契約条件に従って、500名の新しいスタッフが雇用されるだろう)

 

この「契約条件に従って」の前置詞は”under”を使います。

何かの法律、ルール、そういったものに従う場合は、”under”を使います。

 

だからイメージからすると、日本人と違って外国の人って「法律」「ルール」の下に自分立ちがいる感覚だと思うんですね。

”Under the terms of the deal”とか”Under the Federal low”(連邦の法律:連邦法)の下でという意味で”Under”を使うのがポイントです。

 

あと、”staff”は複数形にならないので注意が必要です。

 

法律とか契約書の話をするときに、このフレーズ使えますので

・”Under”

・”terms of the deal”

を是非覚えてみてください。

 

まとめ

今日のフレーズはこちらです。ぜひ活用してみてくださいね!

・terms of the deal

(契約条件)

・”Under the terms of the deal, 500 new staff will be hired.”

(契約条件に従って、500名の新しいスタッフが雇用されるだろう)

 

こちらもぜひご確認ください!

TOEIC文法の勉強方法

それでは以上です。