今日は驚いたとともにがっかりしたと英語で言う、感情が色々と出てくる良い文章をご用意しています。

期待していた事と違うとまず驚くじゃないですか、そして驚いた後にがっかりするという感じですね。
今日の応用文はこの二つの感情が入り混じったものです。

今日のワード 驚いたことに

Yuki
surprisingly(驚いたことに) 

ワードの説明

文頭に副詞の”surprisingly”を言う事によって「驚いたんだけど・・」と話の入りを作ることができます。 

今日の応用文 驚いたことに、調査の内容は大変落胆する内容だった。

Yuki
Surprisingly, the results of the survey were disappointing.
(驚いたことに、調査の内容は大変落胆する内容だった。)

 

文の最後の”disappointing”=がっかりする、落胆するで、”survey”=調査となります。
カタカナ英語でサーベーと言うこともありますが、 通じないのでしっかり発音しましょう。

副詞を文頭において「,」を付けることによって、会話のきっかけを作るのが大事なポイントなので、文章全体で覚えて頂ければと思います。

まとめ

今日のフレーズはこちらです。ぜひ活用してみてください!

surprisingly(驚いたことに)
Surprisingly, the results of the survey were disappointing.
(驚いたことに、調査の内容は大変落胆する内容だった。)

こちらもぜひご確認ください!
TOEIC文法の勉強方法

それでは以上です!