今日はTOEICと日常英会話に役立つフレーズをご紹介していきます。

今日は言えたらかっこいいなという名詞ですね。 早速紹介しちゃいたいのでいきますね。

今日のフレーズ

a third party(第三者)

フレーズの説明

third=3つ目の という意味です。 例えば、いま3月なんですが March thirdっていったら三月三日になります。

そしてpartyの使い方が独特ですよね。 partyっていうとパーティ、人が集まってわ~ってやつやつですね。それを思い浮かべますが、それだけじゃないんですね。

party=特定の人、個人 っていうのを示す英語でもあります。

なので a third partyで第三者になります。 これはもう決まり文句なんですね。

今日の応用文

“This warranty cannot be transferred to a third party.”

(本保証は、第三者に委譲することはできません)

warranty=保証 です。

transferっていうのは ここにあるものがこちらへいく、つまり動くってことですね。もしくは変化するっていう意味になりますね。

映画でトランスフォーマーってあったじゃないですか。私ちょー好きなんです。 あれってもともと日本のアニメが映画化されたやつですよね。

自動車がわ~って走ってるのに、途中でわ~って人の形になって戦ったり、人を守ったり、宇宙平和を守ったりという映画ですよね。

美女と野獣っていう名作のディズニー映画ありますが、 最後のエンディングテーマがtransformationっていう題だったかなって思うんですが、あれも最後にちゃんと野獣が愛を知ることによって、野獣から人間に戻る transformするっていうので使われていますよね。

なのでtransfarっていうのは変化するっていう意味もあるけど ここにあるものがこちらに移るっていう意味もあります。

つまり、この保障は第三者にあなたから渡すことはできませんという意味になります。

a third party かっこいいですよね。ただ発音がちょっとめんどくさいんですよね。thirdとpartyの発音ですね。パーティじゃないんです、partyですね。そこを注意していただけたらなと思います。

あとはpartyが人を表すこともあるよっというのも覚えていただけたらなと思います。

こちらもぜひご確認ください!

TOEIC文法の勉強方法

それでは、以上です。