今日はTOEICのPart2にすごく役立つフレーズをご紹介します。

私はすごく暑いときに荷物とか多いと、暑いし、重いし、ヒール歩きづらいしでげんなりしちゃうんです。すると自腹でタクシー乗ったりしちゃう時が過去にありました。

タクシー乗ると東京のタクシーの運転手さんは、「道順どうしますか」、「指示ください」って言ってくれる人多いです。そんなこと聞かれてもよく道がわからないので、「早く行ってください!」としか言わないんです.

もし海外に行ったときにタクシーに乗って、自分の想定している道順と違う時に、「なんでなの?」「それなにやってんの?」ってしっかり聞けないとすごく不安ですし、なんか外国のTAXIってやっぱりイメージ悪いじゃないですか?ぼったくられるんじゃないかみたいな。

なので今日のフレーズを覚えておくと、そういう不安を解消できるんじゃないかという期待もあります。

もちろんTOEICにも効くので是非覚えましょう。

今日のクローズアップフレーズ

take a detour(迂回する)

”detour”ってここにスペル出てると思うんですけど、読みづらいですよね。

もともとフランス語かなにかの言語なのかもしれませんね。「迂回」とか「迂回する」っていう意味になります。必ず”Take” がセットになります。

それではフレーズを使って長文をやってみましょう。実際にいってみたら頭にはいるんじゃないかな~と思うんですけど。

応用文

Do we need to take a detour to avoid the traffic jam?

(交通渋滞を避けるために迂回したほうがいいですか?)

おそらく、タクシーの運転手さんとかタクシーに限らず運転手さんの発言だなーという風に想像されます。

こういう風にきいてくれたら、”Yes, plese””No, thank you”とかいろいろ交渉できると思うんですが、とにかくわからないで道とか変えられると本当に不安なので、その場合は「なにやってんの?」って聞けるように今日のフレーズ”detour”を言えるようにしておきたいですね。

こちらもぜひご確認ください!

TOEICリスニングの勉強方法

それでは以上です。