Part2

「彼は経理で働いている」

今日はある人が会社のどの部署で働いているか、これは非常にTOEICでよく出てくるのでこれを表現できるようになりたいと思います。

今日のフレーズ

Yuki

work in accounting(経理で働く)

 

 

今日の応用文

accountingは経理という意味です。
TOEICで本当によく出てくるんですが、例えば、彼が経理で働いているという文です。

Yuki

He works in accounting.(彼は経理で働いている)

 

となります。
そしてaccounting以外にも会社にはいろいろな部署があります。

例えば、人事部=human resourceなので、

Yuki

He works in human resource.(彼は人事部で働いている)

 

となります。
これ非常によく出てきます。

そして、今日出てきた経理はaccountingと出てきましたが、accountに引っ張られて、TOEICのpart2でEメールとかそういうのを選択してしまう人がいるんですけど、accountingっていうのは経理っていう意味ですので、是非この単語もよく覚えて頂ければなと思います。

まとめ

覚えておくと便利な今日のフレーズをまとめました。
記憶の定着のために、3回書くこと、3回言うこと、それから寝る前にこの動画で私に会いに来てください。

work in accounting
(経理で働く)

He works in accounting.
(彼は経理で働いている)

He works in human resource.
(彼は人事部で働いている)

こちらもぜひご確認ください!

TOEICリスニングの勉強方法

それでは、以上です。

POSTED COMMENT

  1. iris より:

    account のつく単語がいくつかあり、間違って覚えていたことに気がつきました。
    account 報告、釈明、口座、得意先、信用取引、委託業務、収支計算書、重要性、利益
    accountant 会計士、会計、会計係、経理、経理担当
    accounting 会計処理、会計学、経理

    お金に関わりがある、ということが大きなつながりですね。
    accountantは資格の意味もあるので、普通に経理部門で働くことを表現するときは、accounting がいいのかなぁと思いました。

  2. natto1129 より:

    accounting…を使った単語を幾つか。
    ・accounting system…会計システム
    ・accounting dapartment…経理課
    ・accounting audit…会計監査
    少しづつ増やせるよう頑張ります。

  3. juneberry より:

    よくレストランでお会計をお願いしますって言うじゃないですか。

    あれはお勘定なので、checkとかbillだそうです。  会計を済ませる:pay the check

    Check、,please.    May I have the check、pkease? これでOKですーーー。

  4. Missy より:

    I worked in accounting department. 経理部で働いていたのですが、イギリス人に

    ↑ と言ったら、驚かれたので、どうやら accountant 会計士と思われたようです。

    I don't have  CPA (Certified public accountant)

juneberry へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA