Yuki
Hi, guys. ユキです。

C:Hello everybody. Cameronです。

はい、ということで今日もCameron大先生のお部屋で、TOEIC新形式パート3に使われているやつ、まあ新形式だけじゃないんですけども、新形式でもいけるかなというやつですね。

早速クローズアップフレーズ行きたいんですけども、今日のクローズアップフレーズは、


forward(~を転送する)


とりあえずCameronから、これでTOEICによく出るフレーズを英文で読んでいただけますか?

 

C:これ結構仕事のフレーズですよね。

How about I forward it to our team members so they can follow up?

Y:これ意味的には、これをみんなに転送しない?みんなフォローアップできるからさ、ってことですよね。

C:最近よくやります、仕事多すぎて。

Y:ああー、そうね。

これよく出るし、本当ビジネス英語にそのまま使える感じですよね。

C:そうですね。

Y:本当TOEIC ってそういう意味では、ビジネス英会話にすごく役立ついいテストだなーと思います。

で、これあれなんですよ。ビジネス英会話で使うかもって思うと、記憶できなくなっちゃうので、ここでCameronにしてもらいましょう、あの、日常会話でどう使うかというのを、応用をぜひ聞きたいんですけど。

C:最近ね、僕すごい海外出張とか旅行とかすごく行ってますね。

11月に台湾に行って、12月カナダに戻って、1月マレーシアに行って、それで3月アメリカに行ってインフルエンザになって帰ってきて、2日後にもう一回タイランドに行ったんですよ、1週間。

タイランドから帰ってきて次の日曜日はもう一回マレーシアに行かないといけない。

それ全部Expediaを使ってます。

すごい便利になってました。最初の方難しかったけど。

まあ例えばフライトとかをbookingするときに、じゃあ私たち2人どっか行こうかという事があったら、わかったでは僕予約しまーす、で全部予約したらメールがExpediaから自動的に入ってくるでしょ。

でも自分も日程を知りたいと。こっちの方が信用できないから任せたくない、ちょっと私も見たいという感じがあれば、わかったわかった、じゃあこの確認メールを転送してあげるわっていう感じね。

そういう風にすると例えばね、Expediaでbookingしました、

 

I booked out flights on Expedia.

I will forward the confirmation email to you.

 

Y:Cameron今ちょっと発音良すぎてあれだったんで、えっとね、

C:I’ll slow down.

I will forward the confirmation email to you. So you can check.

Y:なるほどね。

じゃあさっきのTOEICのやつの方って、結構メールっていうよりも情報を転送するっていう感じ?

C:That wasn’t a kind of like an email also, actually.

Y:このforwardを使うのはメールだけ?何を他に転送できます?email以外は。

実物のメールもそうですよね。

例えば不在で転送するって言ったらforward mailを使える?

C:Yeah, you can forward the mail.

For example, I’m living in here, then I move to new location, and new move to here, ok?

So let’s say, something comes in the post, a package like this bottle of wine comes in the post for me, but I’m not living here. So what you should do is you forward it on to me, forward to me.

Y:じゃあお手紙だけじゃなくて物も転送できる。

C:Exactly.

We do that actually with the post office. When we move, we go to the post office and fill out the form that we ask them to forward everything to our new address.

Y:なるほどね。

何で確認したかっていうと、私たちはforwardっていうと、FWでしょ省略文字で言うと。で、日本人ってメールしかない、forwardっていう単語に対して。

でも「転送」っていうものは全部forward使えるってことですよね。

OK、それが分かれば大丈夫。

C:昔の、昔じゃなくてもいいんだけど、amazonとかprime videoとかいろんなビデオがあるんだけども、ちょっと先に進みたい。

Y:あー。

C:それは何ですか?

Y:Forward

C:Exactly.

Y:たしかに。でもあれ日本語では先送りで転送じゃないですけどね。

C:Forwardを使います。FFWがfast forward

Y:ああー。じゃあそれちょっと飛ばしてよっていうと何ていうの?

C:CMが間に入ってるでしょ?例えばテレビ番組を録画するとね。

でCMが入ってます、最近の新しいやつはCM を飛ばしてしまうんだけど、昔のやつはCM は全部入ってますから、CMは見たくないからCMがきたらfast forward ,forward forward…

Y:Forward the videoっていうんですか?

C:そう、forward the video.

Y:ですって。簡単。

C:We can forward. But generally, I would see now forwarding something is use for mostly information. Emailみたいな感じね。

Y:ああー、なるほどねー。じゃあどっちかっていうと、まあそういうことね。

プラス、ビデオの先回し、DVDの先回しに使えるってことですか。

という感じで、TOEIC の無機質な単語を覚えていってください。

なんかTOEICの例文だけだと覚えないけど、Cameronのいろんな話を聞くと、ああーって覚えれると思いますので、そんな感じで楽しんでください。

C:Expediaも使ってみてください。

Y:私たち何のアフィリエイトフィーももらってないけど。

C:たくさんたくさん旅してください。

Y:Cameronすごいもんね。OK, see you soon again, bye.

 

こちらもぜひご確認ください!

TOEICリスニングの勉強方法

それでは、以上です。