今日もTOEICのPart2に役立つフレーズをご紹介します。

これから夏を向かえ、ゲリラ豪雨や雹、また嵐や夕立が来たり。それ自体は待っているしかないですが、予定があったりするといつ終わるのかが気にかかるところです。

今日はそれを英語で言えるようになるフレーズをご紹介します。

クローズアップフレーズ

be supposed to~(~と予測される、~と思われる)

これ皆さん、中学、高校で叩き込まれていると思います、思い出してください。

それではこのフレーズを使って嵐はいつ止むのかを英語で表現してみましょう。

応用文

When is the storm supposed to stop?

(嵐はいつ止むと思われますか?)

「パーフェクト ストーム」(The perfect strom:2000年製作のアメリカ映画)という、映画の中でずっと大嵐が吹き荒れている英語がありましたね。

まさに「大嵐」はそんな感じです。

こちらもぜひご確認ください!

TOEICリスニングの勉強方法

それでは以上です。