Part2

「嵐はいつ止むと思われますか?」

今日もTOEICのPart2に役立つフレーズをご紹介します。

夏を向かえゲリラ豪雨や雹、また嵐や夕立が来たりとそれ自体は待っているしかないですが、予定があったりするといつ終わるのかが気にかかるところです。

今日はそれを英語で言えるようになるフレーズをご紹介します。

今日のフレーズ ~と予測される、~と思われる

Yuki

be supposed to~(~と予測される、~と思われる)

 

be supposed to~皆さん、中学、高校で叩き込まれていると思います、思い出してください。

それではこのフレーズを使って嵐はいつ止むのかを英語で表現してみましょう。

 

応用文 嵐はいつ止むと思われますか?

Yuki

When is the storm supposed to stop?

(嵐はいつ止むと思われますか?)

 

「パーフェクト ストーム」(The perfect strom:2000年製作のアメリカ映画)という、映画の中でずっと大嵐が吹き荒れている英語がありましたね。

まさに「大嵐」はそんな感じです。

まとめ

今日のフレーズはこちらです。ぜひ活用してみてください!

be supposed to~(~と予測される、~と思われる)

When is the storm supposed to stop?

(嵐はいつ止むと思われますか?)

こちらもぜひご確認ください!

TOEICリスニングの勉強方法

それでは以上です。

POSTED COMMENT

  1. juneberry より:

    なるほど!

    It is supposed to stop snowing tomorrow.

    When is the blizzard supposed to stop?

    そんな極寒の地には住めないスーパー軟弱な私です。

  2. LizSara より:

     

    It is supposed to stop raining today's afternoon.

    think も思うという意味で使われますが、根拠のない予測とかではsuppose を使うようですね。

    天気などはこちらの方がしっくりくると思いました!

juneberry へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA