今日は「電話会議」について覚えていただきます。

何故このフレーズを選んだかというと、私は頻繁に日本国内、海外オフィスやアメリカ本社と電話会議を行っていますが、周りで電話会議をご存じない方がいらっしゃったんです。

日本の会社や従業員の方は、物理的に離れる事を嫌うというか、その場、その場で顔を合わせて会議をする事が多く、電話で会議をしないという方がいらっしゃると聞きました。

なじみがないものは勿論覚えられないので、このフレーズをご紹介することでそういうものがあるんだなと、なんとなく感じ取っていただければと思います。

クローズアップフレーズ

conference call(電話会議) 

”call”は、日本語では「コール」と発音しますが、英語では”ll”の発音がほとんど聞こえない場合もあります。気にしてみてくださいね。

応用文

Do we have a conference call at eleven o’clock?

(今日11時に電話会議ありますか?)

ポイントは、

・”at eleven”、もしくは”at eleven o’clock”で「11時」という表現

・”Do we have~?”で「~があるの?」という表現、つまり会議があるのか、ないのかを聞く時に、”have”を使っているという点です。

直訳すると「今日、私たち会議持ってる?持ってない?」という事になりますが、日本語の感覚からするとわからないですよね。

日本人からすると会議は「ある?」、「なし?」ですが、英語だと「持ってる?」、「持ってない?」直訳だとイメージしにくいです。

ですから”conference”(会議)を使うときは”have”とセットなんだという事を覚えてください。

”meeting”も同じ表現で、”have a meeting”と表現しますので同じようにセットで覚えてみてくださいね。

こちらもぜひご確認ください!

TOEICリスニングの勉強方法

それでは今日は以上です。