今日はクローズアップフレーズを使って、高さ、それも半端ない高さに言えるようになりたいと思います。

クローズアップフレーズ

an altitude of 20,000 feet(高度、標高20,000フィート)

実は、フィートって何mなのって聞かれると弱いんですけど、フィートって単位ありますよね。私たちはkmとmを使うメートル法ですが、アメリカとかはフィートなんですよね。

ちょっと統一してほしいなと思って、良くドラマなどでもネタになっていますけれども、今回は標高20,000フィートというのを覚えてみてください。

ポイントは”altitude”ですね、「標高、高さ、高度」という意味になります。

もうひとつ数字の読み方ですね、「20,000」ってここ(画面の下)に出てると思うんですけど、20と000の間にカンマが入っていますよね。”twenty” ”thousand”です。ちょっとこれ数え方が日本語だとなじみがないので、これは何度も何度も練習してがんばってください。

応用文

We are now cruising at an altitude 20,000 feet.

(当機は現在、高度20,000フィートを巡航中です) 

これは機内アナウンスを想定しています。

最初に上昇して、ある程度安定飛行をするようになった際に、機長がアナウンスするあれですね。

今日のフレーズを覚えると、この飛行機は何万フィート飛んでるんだなと、隣の同伴者に「今、20,000フィート飛んでるんだって」って言えたらちょっと格好いいですよね。

是非、覚えてみてください。もちろんTOEICにも出ます^^

こちらもぜひご確認ください!

TOEICリスニングの勉強方法

それでは今日は以上です。