今日もTOEICのpart3に役立つフレーズをご紹介します。

今日はかなり短いので、だいぶ覚えるのは楽かな?というふうに思います。

短いけれどもそういうのもしっかり押さえておかないとダメなので、ぜひ覚えてください。

今日のクローズアップフレーズ

Be a problem(問題になる)

フレーズの説明

“problem”って和製英語にもなっているので、わかりやすいんですが、実は発音が結構難しいのでぜひしっかり言えるようにしていただきたいと思います。

“pro”のところが「r」なのに”lem”が「l」で、「r」と「l」、「r」と「l」が短い間に頻出、出てきますよね。日本人てそういうのがすごく苦手なので、 “problem” ”problem”を何回も練習してしっかり言えるようになりたいと思います。では、何が「問題」なのか応用文で確認してみましょう。

応用文

That shouldn’t be a problem.

(それでしたら問題ないと思います)

例えば何かこう、「これ問題なんじゃない?」「あれ大丈夫なのかな?」ディスカッションがあって、「あぁ、それだったら大丈夫だと思いますよ」ってお返事してあげることあると思います。

その時に”That shouldn’t be a problem”って言ってあげるといいし、これはもう完全に、結構慣用表現です。

これ自体でTOEICが解けるかというとそうでもないと思うんですが、”That shouldn’t be a problem”っていうのがもう慣用表現なので、繰り返しですけれども、会話の流れとして、ポッと言えるといいし、聞こえた時にも、「あぁ、そう言っているんだな。」ってわかった方が絶対いいので、TOEICですごく点数として貢献するフレーズではないんですが、ネイティブとの会話に非常に役立つので、ぜひ覚えてください。

「r」と「l」の発音一気に入っていますけれども”problem”発音できるように頑張りましょう。

こちらもぜひご確認ください!

TOEICリスニングの勉強方法

それでは以上です。