今日もTOEICに役立つフレーズをご紹介します。
私はあまり聞いたことがありませんが、イギリス英語である期間を表す単語を覚えて頂ければと思います。
年数は独特な表現があると思いますが、”decade=10年”はわざわざ”ten years”と言わなかったりしますよね。
今日の単語は特殊で、あまり使っているのを聞いたことはありませんが、2週間というのを表す単語を混ぜ込んでいます。 

今日のフレーズ  少なくとも2週間

Yuki
at least a fortnight(少なくとも2週間)

フレーズの説明

at least=少なくとも、a fortnight=2週間 

今日の応用文  少なくとも2週間はオフィスにいません

Yuki
I will be out of the office for at least a fortnight.
(少なくとも2週間はオフィスにいません)
“I will be out of the office” はよく休暇中に設定する自動返信メールの決まり文句です。
今日のフレーズ “at least a fortnight”に期間を表す”for”をつけて一つの文章になっています。
これを”two weeks”にしても良いと思いますが変わり種で”a fortnight”を知っていたら、出題された時に瞬時にわかるので、ぜひ使ってみてください。
また、英語の性質として文章の中で同じ単語を使うのを嫌う傾向があります。
“ten years”と”decade”を使い分けたりするのと同じで、”two weeks”を連発すると「なんかいやだな」と思うときには “a fortnight”を使うと文章に締まりが出てくると思います。

まとめ

今日のフレーズはこちらです。ぜひ活用してみてください!

at least a fortnight(少なくとも2週間)
I will be out of the office for at least a fortnight.
(少なくとも2週間はオフィスにいません)

こちらもぜひご確認ください!
TOEICリスニングの勉強方法

それでは、以上です。