今日はTOEICだけではなく、日常生活にも役立つフレーズを紹介します。

まず、指定席ってどのように言うのかな、と。

それはreserveでいいんじゃないかと思うんですが 私は一つのことを言うときに一つの単語でしか言えないっていうのは ストレスなんですね。 同じ日本語でも色々な表現をしたいなということでその中の一つです。

指定席というのもそうだし、会議などで〇〇さんはここ、 というように席を割り当てられるときありますよね。

チケットを購入しての指定席っていうのは reserved seatsやbooked seatsで言えるのですが それにプラスで討論会やセミナーなどで 席を割り当てられるときに使える表現です。

今日のフレーズ

assigned seats(割り当てられた席)

フレーズの説明

assign=割り当てるという意味で それが過去分詞的に扱われて、形容詞になり、こうなります。

今日の応用文

“Passengers should sit in their assigned seats.”

(乗客は割り当てられた席に座らなくてはならない)

passennger=乗客 です。

これちょっと早口っぽくないですか? Sってshとsの2つの音ありますよね。

この間発音セミナーでもやったんですけれど 日本人にはかなり難しいんですね。 有名な早口で She sells seashells by the seashore. 彼女が貝殻を海岸で売ってる があるんですけれど、今回の応用文も似ている感じだなと思って。

例えば、seatって日本人はシートって言うじゃないですか。 そのカタカナ英語では、外国人には通じないんですね。 広げる敷物だと思っちゃうんで。 Sの発音ってかなり要注意なんです。 頑張ってみてください。

こちらもぜひご確認ください!

TOEICリスニングの勉強方法

それでは以上です。