今日もTOEICのpart2に役立つフレーズをご紹介していきます。

今日は、懐かしい感じですけれども、すごくTOEICによく出てくるもので、おさえていないと意外と足元をすくわれる、あの「付加疑問文」をご紹介します。

今日のフレーズ

〜〜, didn’t he?(彼って、〜〜じゃなかったっけ?)

ここだけ局所的に見ていると「は?」って感じなので、応用文で「付加疑問文」確認してみましょう。

今日の応用文

Mr. yamada used to live in NY, didn’t he?

(山田さんて、NYに住んでましたよね?)

“didn’t he?”という「付加疑問文」の前が、「平叙文」、要は普通の”not”が入っていない文章の時は、文末が、”didn’t he?”になります。

もし、”He didn’t live in NY,”と文頭で言っていたら、”did he?”になります。

つまり、その前の文章と必ず反対の感じに付加疑問はなるんですね。

要は最初の文に”not”が入っていなかったら、付加疑問文は”didn’t he?”、”doesn’t she?”、”don’t you?”になるのですが、前の文章にもうすでに”not”が入っていた場合は、”did he?”、”does she?”、になるので、必ず反対、”not”がどっちかに入っているみたいな感じで覚えていただければいいと思います。

「付加疑問文」たぶん中学で習っていると思うのですが、結構トリッキーなので、しっかりここでおさえていただいて、TOEICの点数につなげていただければと思います。

こちらもぜひご確認ください!

TOEICリスニングの勉強方法

それでは以上です。