今日もTOEICのPart4に役立つフレーズをご紹介します。

今日は2020年に私たちが待ちに待ったオリンピックが開催されるんですが、それをしっかり英語で言えるようになるためのこれだけ抑えていればOK!なクローズアップフレーズです。

クローズアップフレーズ

venue for~(~の開催地)

”Venue”が「開催地」で、何のための開催地かっていうために”for~”をつけます。

それでは早速「2020年東京で開催するよ!」っていうのを英語で言ってみたいと思います。

応用文

Tokyo is the venue for the Olympic Games in 2020.

(東京は2020年のオリンピック開催地だ)

ポイントとして、オリンピックは”The Olympic Games”っていうのが通例です。

”2020”(two thousand  twenty)年の言い方は、これも覚えて頂きたいです。

この間仕事でネイティブの人としゃべっていたんですが、「~の記録」とか、「~に書いたもの」とかそういう話をしていたんですけど、その人って、”2020”(two thousand twenty)って言わないで、”2020”(twenty twenty)っていうですよ。年を真ん中で真っ二つに割って読んでるんですね。

今回の場合で言うと”2020”(twenty twenty)を今までそういう風に言う人を聞いたことがなかったので、この人いったい何を言っているんだろうと悩んでしまったんです。”2020”(two thousand twenty)って言いなおしてくれてやっと、2020年っていう意味なのねって思った覚えがあります。

つまり何が言いたいかというと年号の言い方は人によって違う場合もあるので、こういう時にはこう言おうって決めていても違う言い方もあります。そういうのって聞いたときにすぐわからないのでちゃんと覚えられるっていうか聞いても、多分あれのことかな?年号のことかな?って聞こえるくらいの振れ幅を持っているといいかなって感覚的にいるといいかなと思います。是非その辺も気を付けてみてください。

こちらもぜひご確認ください!

TOEICリスニングの勉強方法

それでは以上です。