今日のテーマは結構ややこしい感じなんですけど、国際的にお仕事しているといろいろ軋轢があるじゃないですか。

ただでさえ文化が違う、言葉が違う、慣習が違うところでやるのに、何がよりどころになるかっていうと、契約書なんですね。なので契約書をすごく大事にやらなくてはいけないんです。

では、今日はそんな背景を考えながら「自分の弁護士が今、契約書を作るのにもてんてこ舞いに忙しい!」っていうことを説明する英文をご紹介します。

今日のフレーズ

draw up(文章を作る)

フレーズの説明

で、この”draw”っていうのは、鉛筆みたいなもので線を描くのが”draw”です。

なので日本語で「絵を描いています」って一言で言っても、絵を色で塗っている場合は”painting”だけれども、鉛筆でシャーシャーと写生みたいに書いている場合は、”drawing”になるんですね。

なのでそこはすごく違うので、この”drawing up”は文章をサラサラっと書いて、作成しているというイメージをしっかりと持ってください。

今日の応用文

“My lawyer is busy drawing up the contract.”

(私の弁護士は契約書を作成するのでてんてこ舞いだ)

そうですね”be busy ~ing”動詞のingで、「~するので忙しい」という意味になるので、”My lawyer is busy drawing up the contract.”で、「契約書を書き書きするので忙しい」っていう意味になります。

そうですね、なので一つとしては”draw up”を覚えて頂きたいというのもあるんですが、”be busy ~ing”も、これすごく使えるんです。

例えば契約書じゃなくても、「これちょっとご飯食べるのに忙しいから」とかでも言える訳なんですよ。硬い表現になりますけど。

なのでぜひやってみてください、覚えてみてください。

はい、そんな感じかな。

今日もぜひ楽しい一日を過ごしながら、もしお仕事で使う機会がある方は”busy drawing up”を、お仕事で使わない人も何かで忙しいなって思ったら、”be busy ~ing”を使ってみてください。

こちらもぜひご確認ください!

TOEICリスニングの勉強方法

それでは以上です。