最近すごくうれしいことがありました。

2か月に一回程度の頻度で発音セミナーをやってるんです。自分は結構発音ガンガンやってきたんですが人に教えるってなるともっとやりますよね。

さらに研究してやっていたら昔は聞き取りにくかった黒人系の方たちの発音もバッチリ聞こえるようになったんですよ。

やっぱり注意して気を付けてやるっていうのが重要だなと思いました。と言って私の発音はあまり変わっていないかもしれないんですがさらなく飛躍を目指して頑張ります。

今日はTOEICでも役立ち、日常生活でもがっつり役立つフレーズいきたいと思います。

今日のフレーズ

be out sick(病欠)

今日の応用文

“I’m afraid that Mr. Tanaka is out sick today.”
(大変申し訳ないですが、田中さんは病欠でいません)

文頭のI’m afraidが日本語には直訳しづらいんですがI’m afraid that=大変申し訳ありませんがとなりますね。

つまり、ただ田中さんが休みですっていてるんじゃなくて非常に恐縮ですが田中はお休み頂いておりますという感じですね。

今日のフレーズはbe out sickなんですが文頭のI’m afraid thatも是非使ってください。

特に顧客対応されている方には丁寧さが増して使える表現じゃないかなと思います。

こちらもぜひご確認ください!

TOEICリスニングの勉強方法

それでは、以上です。