今日もTOEICに役立ちつつ是非日常英会話でもガンガン使ってほしいフレーズと応用文をお届けします。

えーとですねこれ私がビデオを撮るときって実は50本を4時間くらいで一気に撮ってるんですね。3か月に1回くらい。

なのでその前くらいからすごく覚えなくてはいけないんですけど、最初ずっとネイティブに読んでもらってわーって聞いて細かいところを見て、わーって聞いて細かいのを見てっていうのを繰り返してやってます。

なので是非皆さん勉強するときに最初は音だけ聞いてへーって思いながら、リズムとかそういうのをつかんだ後にえーっと字幕はここに入れていると思いますので、それを読んで覚える、メールマガジンを見て覚える、みたいな感じにしていただけると効率が良いかなという風に思います。

最初に音から入ることをお勧めします。なぜなら私もそうやって覚えてますので。

はい、是非やってみてください。

今日のフレーズ

at present(今のところ、現在は)

フレーズの説明

”present”っていうと、日本語では贈り物っていう感じで瞬時に思ってしまうんですけど、その先入観がTOEICの罠になるんですね。

なので”at present”って聞いて混乱しているうちにTOEICの音声が流れて行って解けなくなるっていう感じなんですけれども、”at present”ってうのが「今のところ」っていうのを覚えていれば冷静に対応することができます。

今日の応用文

“Are there any job openings at present?”

(今現在募集中の仕事はありますか?)

これは”Are there any”で「~がありますか?」って聞いていて、何があるかっていうと”job openings”つまり今ポジションが人がいない仕事があるかっていうことなんですが、そういう意味ですね。「募集中」ってことですね。

で、”at present”「今のところ、現在」っていう意味です。

つまり「今現在募集中の仕事はありますか?」っていう風に聞いています。

これですねあの結構日本と違っていて海外、特にアメリカですね。

あの終身雇用っていうか職が流動的なのでなんかあっという間に辞めるし、あっという間にきられるし、あっという間に来る感じなんですね。

なのでこの間まで誰かさんがやっていたけど、今日誰もいないって言うことがよくあるわけで。

まー、それは聞いて空いていたら「私行きます!」とか「やってみます!」とかいう会話が普通にあるし、それは会社の外でもいいし、会社の中で”job opening”があったらほかの部署に行くってこともあります。

結構、外資で頻繁に使われるフレーズかなという風に思います。

是非覚えて使ってTOEICでもスコアにつなげてください。

こちらもぜひご確認ください!

TOEICリスニングの勉強方法

それでは以上です。