Nativeが凹んでいる時に、的確な表現でしっかり慰めてあげるフレーズをご紹介していきます。 今日は「確かにそういう言い方もあるな」という、「世界観」のような表現です。

今日の応用文

“It’s not the end of the world.”

(世界の終わりじゃないんだから)

なんかちょっと彼氏と別れたりとかして「もう生きていけないわ!」みたいな感じになるけど、 そうやっている間も地球は自転して太陽の周りを公転しているわけで、 これで世界が終わるわけでもなく、アルマゲドンでは無いんです。

「そんなに凹むなよ・・」と言うわけで今日のフレーズです。

苦しんでいる時って、やはりそっちにフォーカスしちゃいますが、 地球レベルに持っていくと、相対的に問題が小さくなるので ちょっと元気出ますよね!

だから、世界が終わってあげるわけじゃないよ、と 視野を広げてあげるといいかなと思います!

是非使ってみてください。

わたしは結構会社のアメリカ人の同僚が凹んでいる時に このフレーズを使って元気づけます。 相手も”Ha-ha”って笑って気持ちを切り替えることができます。 そして、建設的な議論が出来るようになります。

こちらもぜひご確認ください!

TOEICリスニングの勉強方法

それでは以上です!