今日もTOEICのpart1に役立つフレーズをご紹介していきたいと思います。

2014年も、もう9月に入って残り4ヶ月みたいな感じになってますので、TOEIC勉強継続しながら少しでも良い点数が取れるように頑張って行きましょう。

それでは今日はpart1に役立つフレーズのための、まずはクローズアップフレーズをご紹介します。

今日のクローズアップフレーズは、TOEICだけじゃなくて、例えば外国から来たお客さんに日本の状況を説明できるようになる良いフレーズです。

今日のフレーズ

rush-hour commuters(ラッシュアワーの通勤者)

これでrush-hourの通勤時間の通勤者という意味になります。

rush-hourは日本語にもなっているrush-hourで、commutersというのはcommuterの複数形なのですが、通勤者という意味になります。

今日の応用文

The train is packed with rush-hour commuters.

(列車はラッシュアワーの通勤者で一杯になっている)

電車が通勤電車なのですが、それがrush-hourの通勤者でpackedでいっぱいになっているという意味になります。

つまり、簡単に想像できると思うのですが、朝のすごく忙しい通勤時間の時に電車がもうパンパンになってますよね。 あの状況を説明しているフレーズです。

日本の文化というといろいろ表面的なものあるのですが、結構実生活どんな感じなのかというのを説明すると、外国のお客さんとか非常に喜ぶので、今日のフレーズと応用文を覚えて外国のお客さまをおもてなしする時に是非使ってみてください。

こちらもぜひご確認ください!

TOEICリスニングの勉強方法

それでは以上です。