今日もTOEICのpart4に役立つフレーズをご紹介します。

今日はTOEICによく出てくる留守電とメッセージの残し方についてしっかり抑えられるフレーズをご紹介します。

今日のクローズアップフレーズ

after the beep(発信音の後に)

beepと言うのは「発信音」という意味なので、発信音のafter「後に」という意味になります。

なんとなくわかりますよね? 発信音の後にということは、メッセージを残して下さいという留守番のあの決まり文句です。

応用文

Please leave your message after the beep.

(発信音の後にメッセージを残してください)

留守電の自動音声になります。 ポイントは、leave your messageです。 メッセージを残すというのはleaveを使うので、それもセットで覚えて下さい。

TOEICは本当に良く出ますので、beepなんだって思っていると、あとからどんどん会話が流れていって、 注意が散漫してTOEIC解けなくなっちゃうので、 beepが発信音だなっていうのを最低限覚えていただければと思います。

 記憶の定着のために3回声に出すことと、書き出すことと、 あと寝る前に、また私に会いに来て下さい。

こちらもぜひご確認ください!

TOEICリスニングの勉強方法

それでは以上です。