今日もTOEICと日常英会話に役立つフレーズをご紹介していきます。

今日は、そうですね、結構発音がめんどくさい、私もちょっと恐ろしいんですけども。

今日はTOEICにはよく出てくるけど、日常では使うかな、よくわからないっていうものを紹介していきますね。

今日のワード

Culinary(料理の)

ワードの説明

どのように使うのかっていうと、よくTOEICとかではculinary schoolで料理教室で出てきますね。

私たちはcooking schoolってのは知ってるんですが、Culinary schoolって言われると分からなくて、何のスクール何だろうってなって選べなくなるっていうTOEICのトラップがあります。

なのでしっかり今日のワードと応用文を覚えていきましょう。

で応用文は今までに紹介したものとちょっと似てるんですが、とにかくCulinaryを覚えていただきたいのでご容赦ください。

今日の応用文

“Subscribers to Culinary Monthly Magazine will receive a free gift.”

(月刊「料理」の購読者は景品がもらえる)

subscribers=購読者 です。

言った通り、Culinaryが料理なので、Culinary Monthly Magazineが料理の月刊誌になります。

receiveは受け取るという動詞ですね。

この応用文の中にTOIEC必須の単語が2つCulinaryとsubscribersが出てきますので、是非文章全体を覚えていただきたいなと思います。

こちらもぜひご確認ください!

TOEICリスニングの勉強方法

それでは、以上です。