TOEICだけでなく、このコーナーでは日本人のビジネスパーソンがやりがちなヒヤリハットをご紹介しています。

私自身も失敗していることいっぱいありますし、周りの人がとっさにビジネスで話さなければいけないときに「あ~!やっちゃった。。」って気づいている場合もあれば、気づいていない場合もあれば、みたいなのをいろいろタメタメしたので、ご紹介していっている感じです。

今日のもですね、ちょっと気が緩んだ雑談のときに出がちなやつです。

「電車に乗りました!」みたいに言うときにですね、日本人って「乗る」っていうと”ride”が出てくるので、それの過去形の”rode”が出てきちゃうんですね。

“I rode a train.”(×)っていう風に、日本人って電車に乗りましたって言っちゃうんですけど、それでも通じなくはないんですが、非常に不自然なのでネイティブはどう言うかっていうと、

I took a train.”(○)

という風に、”take”の過去形を使います。

”I took a train.”です。

これで「電車に乗った」という意味になります。

なんか”ride”を使うとジェットコースターとか、馬とかそんな感じのイメージで、「電車に乗る」要は枠の中に入るときは”took”を使うので、つまり”take”の過去形ですね。

それを是非覚えておいてネイティブスピーカのビジネスパーソンと話すときに、スマートに話をしてみてください。

 

こちらも是非ご確認下さい!

TOEIC 800点 勉強法 日常英会話

それでは以上です。