Yuki:結構、日本人の方で、一生懸命英語をやっているんだけれど、なぜか間違えて通じないってことをやってしまう方がいっぱいいるので、今日は日本語も英語も堪能な、私の大友人のCameronさんに来ていただいていろいろ教えてもらおうかな、と思います。では、早速行きたいと思います。

これは私も昔間違えたんですけれども、会議やパーティーにいって、「あーつまらなかった。」という時があるじゃないですか。これ、すごい日本人は間違えません?

Cameron:まちがえますね。

Y:致命的な間違えをしますよね。

C:結構笑っちゃいますね。

Y:笑っちゃう!?ネイティブの立場からすると何を笑っちゃうか、間違いと正しいのを教えていただけますか?

C:日本人が普通に自然に言うと、

✖ ”I’m boring.”

と言いますね。そうするとそれは、「私はつまらないもの」になってしまいますね。

Y:「私自身がつまらない」ということになっちゃうんですよね。

C:自分自身がつまらないものになっちゃう。

Y:そうそう・・・

C:だから、本当は

〇 ”I’m bored”

「退屈」みたいな感じ。

Y:なるほど。

C:そうそう。小さいところだけれど、”I’m boring”と”I’m bored”の違いなんだけれど、実際は、”I’m bored”の方が正しいですね。

Y:これ、よく間違えるのを聞きますか?

C:よく聞きますね。

Y:Cameronさんて、日本に何年くらいいるんでしたっけ?

C:今、29年目です。

Y:29年目?そんなに長いんでしたっけ?29年‼ そんなに~。

C:最初の方は横浜で。

Y:そんなに長くいるとは知らなかった。15年くらいだと思っていました。

じゃぁ、もう日本人の間違え方とかを相当網羅していますよね。

C:もうたくさん聞きましたけどね。

でも、自分が気をつけないと、もうずっと住んでいるから、見逃したりするときもあるし、そういう間違いがあるのを知っているから、何を言いたいかがわかってしまう。だから、いつも注意をする必要はないです。

一番大切なことは、自分の英語とか、自分の日本語とかをよりよくするためには「使う」ことです。使うことが重要です。

だから、間違えるから「言えない」だったらいけない。

Y:確かに。そうなんですよ。間違えそうだからといって止まってしまうとそれっきりですからね。

とりあえず言ってみて。

C:「✖(間違い)から学ぶ」ということを覚えれば、大丈夫です。

Y:OK。いいお話をいただいて、ありがとうございます。

C:ありがとうございます。

Y:でも、今日はこれでとりあえず知ったので、パーティーとか会議とかがつまらなかったら、

“I’m bored”ですね。パーティーだったら”I’m bored at the party.”という感じで言っていただければと思います。

では、今日は以上です。